レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

たまには雨も悪くない!雨の日を嫌いになれない理由

f:id:lemolog:20171002174927j:plain

60秒だけ止まった世界でやりたいことは、雨の中を全裸で全力疾走すること。どうも、レモンです。

 

目次

 

人が少ない

雨の日の、外にいる人の数の少なさが好き。

 

いつもなら人で溢れかえっているような道も、雨の日には少なくなる。そんな人がいない道を、とぼとぼと歩く時間が好き。

 

いつもの通勤路を傘を思いっきりぶん回しながら歩くのが好き。

 

雨の音に紛れて、大声で歌いながら歩くのが好き。

 

 

音に風情がある

雨の日の、「シトシト」も「ザーザー」も「ポツポツ」も「ビュービュー」もどれも好き。

 

傘で雨粒が弾ける音も好きだし、空を切るように雨が空から落ちる音も好き、外の生活音をかき消してくれる強い雨も好きだし、窓がぶっ壊れるんじゃないかってくらいの豪雨も好き。

 

雨の日の朝のしんみりした空気感も好きだし、土砂振りで雨の音以外なにも聞こえない昼下がりも好きだし、絶え間なく雨音が聞こえる雨の日の夜も好き。

 

遠くの方で車が水たまりを「バシャッ」とさせる音が好き。

 

たまに聞こえる雨の中ではしゃいだ子どもの声が好き。

 

 

空気が綺麗なような気がする

雨の日の、汚れた大気が雨と一緒に地面に流れて、空気が澄んでいるような感じが好き。

 

雨の降り始めのアスファルトの匂いが好き。ほしのこえか。

 

土砂振りの翌日の世界が生まれ変わったかのような晴天が好き。

 

思いっきり深呼吸したときの落ち着く感じが好き。

 

 

風呂が気持ちいい

雨の日の、雨で地面の泥が足に飛び散ったり、服が濡れて肌にくっついたり、そんな気持ち悪い感覚から、風呂に入ることで快感に変わる瞬間が好き。

 

雨に濡れて冷えて背筋が震える感覚と、濡れてピリピリと痺れた感覚が、熱いシャワーを浴びることで、最初のほうは温度差が気持ち悪いけど、JOJOに熱いお湯が冷たい体温を追い越していく感じが好き。

 

しとしとと雨の音を聞きながら、ゆっくりと湯船に浸かる時間が好き。

 

 

思いっきり引き込める

雨の日の、「晴れた日には外出しなければいけない呪縛」から開放される感覚が好き。

 

朝にコンビニでご飯と飲み物を買い込んで、帰宅したらすぐにシャワーを浴びて、あとは一日中映画を観たり、本を読んだり、昼寝して過ごす時間が好き。

 

夜には、もう一度ご飯を買いに外に出て、わざと濡れた身体を風呂で温める時間が好き。

 

 

まとめ

どうせなら、雨の日も好きになったほうが人生得している感覚が好き。

 

以上