レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

愛着があるということ

f:id:lemolog:20170910074019p:plain

愛着とは、モノを大切にする行為のことだと思う。

 

「これは高かったから」とか「これはいいものだから」とかで愛着があるわけではなくて、大切にしているから愛着があるのだ。

 

私には愛着のあるいくつものモノがある。

 

それはメガネであったり、革財布であったり、革靴であったり、カバンであったりするわけです。

 

目次 

 

植物を育てる

f:id:lemolog:20170910073207j:plain

私の部屋には「ベンジャミン スターライト」という植物がある。

 

こいつが本当にかわいいのだ。

 

土の乾き具合いをみて水をやったり、休日には葉についたほこりを1枚1枚拭いてやったり、天気がいい日には一緒に日陰で日光浴したりしている。

 

大切にしてやると、目に見えて元気になっていく。

 

ものすごく小さかった芽がどんどん大きくなっていく。

 

そんなベンジャミンさんを見て、今日も一人で癒やされている。

 

 

革靴を磨く

f:id:lemolog:20170910073336j:plain

私は 基本的に革製品が大好きだ。

 

革靴は「ジャラン・スリウァヤ」や「パドロネーロ」なんかを好んで買っている。

 

仕事には毎日革靴を履いて出社しているが、内勤職なのでそれほど酷使するわけではない。

 

それでも、1日10時間近く履いていることになるので、それなりに日々消耗しているだろうと思う。

 

だから、帰宅して玄関で靴を脱いだあとにすることは、簡単にだが、毎日ブラシをかけること。

 

そして、夕飯なんかを作って、時間が経って靴の中の湿気がなくなったら、シューキパーを入れて保管する。

 

あと、月に1回くらいは、革が乾かないようにオイルも塗り込んでいる。

 

いつもおれの臭い足に何時間も耐えてくれているのだから、これくらいことはあって然るべきだ。

 

 

革財布を撫でる

f:id:lemolog:20170910073555j:plain

 メインの財布も、コインケースも、名刺入れも「土屋鞄製造所」を使っている。

 

普段から財布の形が崩れないように、カード類は免許証、クレジットカード、保険証、交通系のカードの4枚しか入れておらず、基本はクレジット払いにすることでコインは持たないようにしている。

 lemolog.hatenablog.com

 

あとは、定期的にはしていないが、暇な休日なんかには財布から現金やカードを全部出して空っぽにして、オイルを塗り込んで、日陰で一緒に寝ている。

 

程よくオイルが染み込んで、更に深い色になった財布を撫でながら、いつも所有欲に満たされるのだ。

 

 

メガネを拭く

f:id:lemolog:20170910072551j:plain

 愛用は「金子眼鏡店」のメガネ。

 

lemolog.hatenablog.com

 

仕事でも家でもかけるので、1日の中で最も長く身につけているモノかもしれない。

 

革ではないのでエイジングは楽しめないが、汚れやほこりなんかが目立ったら、綺麗に拭いてやっている。

 

身近にあるものだから、ついついメンテナンスを怠ってしまいがちだが、身近にあるものだからこそ、日々のメンテンナンスを心がけている。

 

 

ジャケットはブラシをかける

f:id:lemolog:20170910081716j:plain

ジャケットは、脱いだらすぐに、肩の部分から下に向かってブラシをかけてやる。ブラシは無印良品で2,000円くらいで買える。

 

毛並みがよくなって、美しく見える。

 

休日にはクローゼットを全開にして、新鮮な空気を入れて、湿気で傷んでしまわないようにしている。

 

 

カバンを休ませる

f:id:lemolog:20170910072900j:plain

 仕事用のカバンも、プライベート用のカバンも革製品。

 

仕事用のカバンは仕事で酷使しているので、毎週金曜日の夜には、帰宅するとすぐに、中身を全部だして空っぽにして、カバンを休ませている。

 

カバンの声が聴こえるわけではないが、普段たくさんのもので詰められているため、空っぽにしてやると、どこか嬉しそうな気がする。

 

もうこれは日課にもなった。

 

 

スキレットを使う

f:id:lemolog:20170910073027j:plain

部屋のキッチンでフライパンと呼べるものは、ニトリで800円くらいで買った直径20cm程のスキレットが1つだけ。

 

スキレットは、フライパンに比べたら手入れが面倒で、洗剤を使って洗ってはいけないし、使用後にはサビが出ないよう、毎回オリーブオイルを塗る必要がある。

 

でも、そんな手間をかけてでも、スキレットを手離せないのは、見た目がかわいいことと、なによりも料理がおいしくなるから。

 

使えば使うほどオイルが鉄に馴染んで焦げにくくなるし、どんどん使いやすくなる。

 

本当にいい買い物をしたと思う。

 

 

まとめ

フィギュアが好きなら、ほこりが溜まったら定期的に拭いてやればいいし、車が好きなら暇な休日にでも綺麗に洗ってやればいい。

 

なにげない普段の生活からモノを大切にしていきたいし、大切にすればするほど、どんどんそのモノを好きになっていくから楽しい。

 

そんな生き方をこれからも続けて、大切で愛着のあるモノがどんどん増えていく未来を想像すると、少しだけテンションがあがる。

 

以上