レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

【愛用品】「金子眼鏡店」のメガネはおしゃれで実用性も抜群

f:id:lemolog:20170908200528p:plain

 

愛用のメガネ。ものすごく気に入っています。金子眼鏡店で5万円くらいで購入しました。

 

「部屋でしかメガネはかけないのに、5万はなあ」なんて言っている人にこそ見て欲しいです。

 

目次

 

金子眼鏡店とは

メガネの聖地である福井県鯖江に本社を置くメイド・イン・ジャパンのメガネメーカーです。

www.kaneko-optical.co.jp

 

どうやらオンラインでの販売はされていないようなので、実店舗で購入する必要があるのですが、日本全国に積極的に店舗の拡大を進めているようです。

 

メガネには海外ブランドで有名なブランドがたくさんありますが、小物なんかは日本人の感性に近いものを身につけたい派なので、日本製でおしゃれなメガネを探している時に「金子眼鏡店」と出会いました。

 

 

フレームが美しい

f:id:lemolog:20170908200644j:plain

 

金子眼鏡店でまず最高なのが、そのフレームの美しさ。

 

ウェリントン型のプラスチックフレームにメタルフレームがコンビネーションされたデザイン。めちゃくちゃかっこいいです。どツボです。

 

メガネをかけることにより顔の印象を変えるため、眉毛のラインに沿ったフレームを選ぶといいと言われていますが、少し幅のあるプラスチックフレームは顔の印象を変えてくれ、他の部分は邪魔にならない美しく細いメタルフレームとなっています。

 

コンビネーションフレーム以外にも、もちろんプラスチックフレームやメタルフレームのデザインも多くありますが、どのデザインにも共通しているのは、シンプルなデザインに、細部にまでこだわりを感じる美しい作りになっていること。

 

一度自分の手にとって見てほしいです。

 

 

めちゃくちゃ軽い

f:id:lemolog:20170908200650j:plain
 

「とにかく軽い」

 

もちろんフレームの種類にもよるのでしょうが、半分はメタルフレームでできているのでとにかく軽い。軽すぎる。

 

メガネをかけているはずなのに、ほとんど装着感はないです。

 

金子眼鏡でメガネを買うまでは、Zoffで3,000円くらいで購入したメガネを愛用していたのですが、いま思えばめちゃくちゃ重たかったです。

 

ジャンプ漫画で言う「重りをつけた修行か」ってくらい。

 

Zoffのメガネもマーブル柄のプラスチックフレームのデザインで、それはそれで気に入っていたのですが、一度金子眼鏡のメガネをかけたら、とてもじゃないが重過ぎて、もうかけられないです。

 

よく鼻の頭に動物の足跡みたいなのが付いていましたが、金子眼鏡のメガネに変えてから、メガネを外しても足跡が残ることはなくなりました。

 

あれってけっこう恥ずかしいんですよね。

 

 

フィッティングが素晴らしい

f:id:lemolog:20170908202731j:plain

 

金子眼鏡のメガネをすごく気に入っている理由がこれです。

 

物理的にメガネが明らかに軽いことに加えて、そのフィッティングの良さで、金子眼鏡のメガネはかけていても疲れないんですよね。

 

たぶん日本人の耳や鼻にフィットネスするように計算されたデザインなのでしょうが、本当に顔に吸い付くように収まります。

 

鼻の上が私の居場所だと言わんばかりに、生まれてきた意味を知っているかのように、すごくフィットします。

 

さらに、店員さんの技術もあり、人の顔の形に合うようにフレームを絶妙に曲げ、その人に合ったフィッティングをしてくれるところも素晴らしいです。

 

しかも、ズレてきたらまた店舗にメガネを持っていけば、いつでもフィッティングし直してくれます。

 

家で家事をしていても、仕事でパソコンとにらめっこしていても、外出先で歩き周っても、綺麗に顔に張りついてくれています。

 

そのおかげ、無駄に肩が凝ったり、異常に目が疲れることもかなり減りました。

 

だからこそ、普段は家でしかメガネをかけない人こそ、軽くて装着性のいいメガネを買うといいよ、って話です。

 

 

ケースがおしゃれ

f:id:lemolog:20170908200647j:plain

 

革好きにはたまらないシンプルだが、高級感があるデザインです。

 

色は黒とブラウンから選べるのですが、革の質感が楽しめるようブラウンの方がおすすめです。もちろん好みですが。

 

しかも、これだけしっかりしたケースなのに、本体価格込みなのもありがたいです。

 

外出先でカバンから出してもオシャレで恥ずかしくないです。むしろ外に出したい。もっと見てほしい。

 

 

問題のお値段は?

 

f:id:lemolog:20170908200636j:plain

 

フレームのボリュームゾーンは3万円くらいで、前後2万円といった所でしょう。

 

フレームにプラスしてレンズ代が必要になりますが、標準のレンズであれば1万円もかからないです。

 

但し、ブルーライトカットにしたり、薄型にしたりするともちろん価格は高くなって、いいレンズを選ぶと、それこそフレームと同じくらいの料金がかかったりもします。

 

それでも、普通の人が普段使い用に買う分には、だいたい5万円程あれば購入できると思います。

 

「メガネに5万円かよ」と躊躇するかもしれませんが、よーく考えてみて下さい。

 

これだけシンプルで王道のデザインなら、飽きもこないし、時代の波に影響を受けることもたぶんないです。

 

5年は使えると考えると、年間で1万円。月換算すると月1,000円もかからない計算になります。

 

仕事でも、プライベートでも、気分を変える時のファッションアイテムとしても使え、しかもめちゃくちゃ軽くて、フィッティング性も素晴らしいので疲れにくく、実用面でも申し分ない。

 

普段コンタクトレンズをあまり使わない人からすれば、それこそ家でも外でも使うことになるため、メガネへの投資はその人の世界を変えるほどの効果があるかもしれないです。

 

 

まとめ

ちなみに、私が愛用しているのは、「VINTAGE シリーズの BK-40 BK」というタイプです。

 

金子眼鏡点のメガネは、シンプルで洗礼されたデザインで、所有欲を十分に満たしてくれ、メガネをかけることがすごく楽しくなります。しかも実用的な部分でも他のブランドを凌駕しています。

 

もしも、お住まいの近くに実店舗があるのならば、買い物のついで一度覗いてみることをおすすめします。

 

きっと欲しくなりますよ。

 

以上