レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

「20代後半一人暮らし男性」の1ヶ月の超リアルな支出を晒す

f:id:lemolog:20170903200220p:plain

はい、どーん。

 

ほうほう、こうやってみると月の支出の4割が固定費、3割が交遊費、食費と自己投資で1割。自己投資が少なすぎて泣けました。

 

意外と他人の生活費ってどんなもんか気になるもので、詳細を記載していきます。

 

f:id:lemolog:20170903195936p:plain

 

月によっては結婚式の出費だったり、大きい買い物だったりがあるのですが、毎月だいたいはこんな感じですね。

 

手取り20万円あれば2万円くらいは貯蓄にまわせる感じですね。

 

目次

 

家賃

いまの生活水準をキープできている大きな要因は、家賃を4.5万円で抑えられているからが大きいです。

 

名古屋市在住なのですが、割りと主要な駅徒歩3分で45,000円はたぶんかなり安い方です。

 

築30年という「地震が来たら大丈夫かよ」的な物件ですが、1K、鉄筋コンクリート、風呂トイレ別、IHコンロ、トイレはウォシュレット、ベランダ付きと、かなり満足しています。

 

ただ、独立洗面台はないので、歯磨きするたびに足の裏がびっしょびしょになります。友達が来てもみんな足がびっしょびしょになりますが、一人暮らしなんて大体そんなもんでしょ。

 

一人で生活してみて実感しますが、家賃は収入の3割が適正とか言われていますが、絶対2割くらいに留めておいたほうがいいと思いますよ。

 

新しくておしゃれな物件の誘惑はすごいですが、部屋をいつも清潔に保って、自分好みのインテリアや植物を置いておけば、自分だけの空間にできて、建物の古さなんかはあまり気にならなくなると思います。

 

 

電気代

地元の大手企業です。夏は冷房、冬は暖房を使うので料金はあがりますが、それでも昼間は仕事をしているので、帰宅してから使いっぱなしでも上限4,000円くらいなもんです。

 

ふつうに暑いのと寒いのは死にかけますので、あまり節約を意識しすぎず、使ってしまってもいいと思います。

 

ちなみに1kくらいの部屋なら24時間クーラー付けぱなしでも、電気代でいうと1日70円くらいらしいですよ。

 

電力の自由競争も始まっているので、もう少し様子を見て、お得な会社があれば切り替えていきたいです。

 

 

ガス代

地元の大手企業です。コンロがIHなので、ガスを使うときは基本はシャワーのときのみです。

 

その為、毎月1,000円~2,000円くらい。

 

お風呂もちっちゃいので、そこまでガスは使わないです。

 

 

水道代

実は水道代は家賃とくっついて矯正的に毎月2,000円引き落とされています。ただ、言い換えれば、2,000円で水は使い放題なので、洗濯とかガシガシ行っています。

 

ついでに、水道水をワインの空きボトルにいれて、そこにレモン果汁を入れて、冷やしていつも飲んでます。

 

レモン果汁により、水道水のカリキ臭が消えて、さっぱりと飲めます。実際に、レモンのビタミンCと塩素が反応して、カルキがなくなるらしいです。

 

これはわりとおすすめ。

 

 

WIFI

WiMAX通信制限なしのギガ放題を使っています。

wimax-broad.jp

 

月々の金額でいうと4,000円程かかりますが、スマホ格安SIMで3G制限にしているため、ネットでストレスを感じないためにも、自宅のWIFI通信制限はなくしています。

 

ひきこもり体質なので、アニメ観たり、YouTube観たり、Amazon priceで映画観たりしていることが多いので、通信制限なしはマストです。マスト。

 

 

スマホ

格安スマホSIMを使っています。キャリアは高すぎてアホらしいです。

 

使っているのは「Nifmo」の3Gの音声通話付き。月々1,500円と助かっています。

nifmo.nifty.com

 

自宅は通信無制限なしのWIFIを使っているので、実際には月の通信料3Gもいきません。

それに、Nifmoは余ったデータ量は翌月以降にも繰り越せるので、外出先でスマホを使っていても、制限がついている感覚はないです。

 

たまに尋常じゃないくらい重いときはありますが、そんなときは諦めて本を読むのでいいです。

 

 

奨学金返済

学生時代の負の遺産。毎月15,000円づつ返済しています。

 

とはいうものの無利子で借りられたので、そこまで急いで返す必要もないですが、毎月の引き落としも鬱陶しいので、一括で返済しても影響ないくらいに貯蓄できたら一括返済しようと思っています。

 

でも、有利子の方は若い内にお金をためて一括で返済してしまったほうがいいですよ。時間が経つだけで支払い額が増えるなんて狂気の沙汰じゃないです。

 

 

日用品代

コンタクトレンズ、コンタクト液、ハミガキ、ティッシュ、トイレットペーパー、シャンプー、化粧水、サランラップなどなどなど。

 

一人暮らしをしていると、生きているだけでコストがかかることを嫌というほど実感します。

 

日用品がなくなる度に薬局に買い物になんて行ってられないので、基本的にはAmazonでポチってます。

 

Amazon会員サマンサタバサです。

 

多少高くても毎回買いに行く手間や、トイレットペーパーなんかのデカブツを持ち歩く負荷に比べたら安いものです。

 

日用品をネットで買ったことない人は視野に入れてみるといいと思います。けっこうストレスが減ります。

 

 

朝食代

仕事効率の低下と、太りにくいように毎日食べるようにしています。

 

食べているといっても、作っている時間はないので、毎日セブンイレブンツナマヨおにぎりを毎日食べています。1日100円。

 

筋肉維持のため、少しでもたんぱく質がほしいので、具材はいつもツナです。たまにおかか。1個でたんぱく質5gほど。

 

毎回のコンビニでの会計の時間とストレスを減らすため、支払いは全てクレジットです。

lemolog.hatenablog.com

 

 

昼食代

ありがいことに会社に食堂があり、200円でランチが食べられます。

 

食堂がない職場だと、自炊か外食の選択肢のみになってしまうので、もっとコストが高くなるかもしれませんね。

 

 

外食だとどうしてもコストが高くなることと、高炭水化物、低ビタミン・ミネラルになりがちなので、健康状態にも良くないです。

 

自炊のスキルを身に着けましょう。

 

 

夕食代

飲みに行く予定がなければ自炊をしています。

 

毎週末に近所のスーパーで1週間分の食材を買い溜めしています。

 

休日は飲みに行くことも多く、実際には平日の5日分くらいで3,000円程なので、月に換算すると12,000円程。

lemolog.hatenablog.com

 

自炊は賢く、健康に生きていくための必須スキルです。死にたくなれければ身につけることをおすすめします。

 

 

コーヒー代

割と無駄な費用。要するに、仕事で飲むドリンク代ですね。

 

コーヒー代といいつつも、朝のおにぎりと一緒に100円のジャスミン茶を買っているのと、昼食後には必ずコーヒーを飲んでいるので、それで1日200円程です。

 

冬はホットコーヒーをお気に入りのイルビゾンテのマグに入れて持っていくのでいいですが、夏場は喉が乾くのでどうしてもお金がかかります。

 

自宅で緑茶なんかを作って持っていけば安上がりですが、大きい水筒はかっこ悪いのと、コーヒーを買いに行く時間が、いい息抜きになったりするので、これも必要経費。

 

 

外食代

休日の朝と昼は外で食べることが多いです。

 

引きこもり体質なので、外で食べるようにしないと、平気で1日家から出ないなんてことになりかねないので。

 

週休日2日で2,000円ほどなので、4週間で約8,000円でしょうか。

 

けっこう大きい支出ですが、休日に朝早起きして、お気に入りのカフェでアイスティーを飲みながら本を読んだりする時間は、大好きでストレス発散になっています。

 

 

飲み代

こいつが曲者。酒好きなのでしょうがないですが。

 

1回の飲み会で最低5,000円くらいは使うので、最低週1日は会社の人か友達と飲みに行くため、月3万円くらいは飲み代に消えていきます。

 

なるべく無駄な飲み会には行かないようにしたり、家でしっぽり飲んだりして、回数を減らしているのですが、会社の人と飲みに行ったりすると、単価が高くなりがちなので痛い出費です。

 

 

遊び代

遊び代というかキャンプ代ですね。それ以外は基本は遊ばないので。 寂しくないよ!

lemolog.hatenablog.com

 

毎月キャンプには行くので、1万円~2万円くらいはかかります。でもこれだけは絶対になくせない費用です。

 

みなさんも趣味がない人はキャンプをはじめるといいですよ。生きている感じがします。

 

 

交通費

これは微々たるもんです。

 

会社まで徒歩圏内で定期代が支給されていないので、休日に街へ行くのに地下鉄代がかかるくらいです。月2,000円ほど。

 

 

洋服代

おしゃれは楽しいけど、あまり外に出ないので、いまのところ支出のウェイトは低めです。

 

目安ですが、仕事着も含めて年間12万円くらいで収まるようにしています。

 

服は買い始めると、底なしに欲しくなるので、ユニクロでシンプルに着回せるものを買ったり、でも靴やジャケットは多少いいものを買ったりして楽しんでいます。

 

本当は飲み代をもっと削って、洋服代にまわしたいです。

 

 

美容院代

やはり顔の印象って大きいと思っていて、肌の綺麗さとか、髪型の部分で好感や清潔感を持たれることは多いと思うので、毎月髪のカットをするようにしています。

 

毎月となると出費がすごいので、出来るだけ安くて技術も悪くないところを見つけたいところです。毎月2,500円。

 

 

プロテイン

筋肉量と筋トレのモチベーションを維持するため、プロテイン代も毎月発生しています。

 

よく買っているのは下記。3,000円程。味がついていないので、オレンジジュースに混ぜたりして飲んでいます。

ホエイプロテイン 1kg 無添加 ナチュラル

ホエイプロテイン 1kg 無添加 ナチュラル

 

 

 

本代

ほとんどは小説ですが、月に5冊くらいは買います。

 

暇な休日にブックオフで中古本を大量に買ったり、どうしてもすぐに読みたい本があるときは定価でAmazonからぽちったりしています。

 

基本的に書評ブログから読む本を決めることが多いので、あまり書店では選ばないです。

 

本屋では普段あまり自分が興味のあいジャンルの本を立ち読みしたします。「世界の細菌集」とか。

 

 

まとめ

別になにかお得な情報があるわけでもないですが、20代後半男子のリアルな毎月の出費を公開してみました。

 

勝手に一人で反省をすると、無駄な飲み代はなるべく削って、自分の知識や容姿を磨く部分にもっとお金を使っていきたいものです。

 

以上