レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

実家暮らしか一人暮らしに迷ったら、迷わず一人暮らしを選択するべき理由

f:id:lemolog:20170824195222j:plain

どうも、レモンです。

 

迷いますよね、うん、迷う迷う。例えばね、就職した会社が実家から電車を乗り継いで40分くらいで到着できるとするよ。もちろん電車の定期代は会社が支給してくれる。おいおい、交通費もかからなけりゃ、家賃も食費もかからないなんて最高じゃねえか、実家暮らし一択だろ。なんて思わないで下さいね。

 

お金のメリットを取ったことで、一人暮らしのメリットを根こそぎ捨てていることをお忘れなく。

 

就職して実家暮らしか一人暮らしか迷っている人や、働き始めてとりあえず数年は実家で貯金してから、といって数年経ったにも関わらずなかなか家を出れない人は、いますぐ一人暮らしを始めるべきです。すぐにでもSUUMOにアクセスしたほうがいいです。

 

今日は、そんな一人暮らしの私が感じているメリットをお伝えします。

 

目次

 

自分の好きなものだけに囲まれて過ごすことができる

なんといってもこれ。実家に暮らしていたら、自分の趣味ではない家具だったり、カーテンだったり、食器類だったりが溢れていると思います。たぶんね。何十年も住んでいる家だから居心地がいいし、落ち着くかもしれないですけど、一度でも一人暮らしをすると自分の好きなアイテムが周りにないだけで落ち着かなくなります。

 

家って賃貸だろうが持ち家だろうが、身体的にも精神的にも癒やしの空間であるべきであって、家にかけるコストってけっこう大事。旅行先でも、時間だけでいえば大してホテルの滞在時間って長くないけど、おしゃれで綺麗な部屋だとなぜか癒されるし、英気が養われている感じありませんか?それです。

 

私は築30年のおんぼろマンションに住んでいて、内装自体は決しておしゃれではないですが、自分でDIYして棚を作ったり、復元できるレベルで部屋を改造したりして、好きな本、好きな服、好きなインテリア、好きな照明、好きな匂い、自分が気に入ったものだけに囲まれて過ごしています。

 

そんなお気に入りの部屋を作ることができれば、自分の部屋にいるだけで無意識レベルで疲れは取れて、元気になります。

 

 

好きなものを好きな時に食べることができる

一人暮らしだからといってなにも考えずに、「毎日ラーメンが食えるじゃねえかあ」ってなるのはおすすめしませんが、それでもやっぱり好きなものを好きな時に食べられるメリットは大きいです。

 

週末には食材の買い物にいって、仕事が早く終わった日には自炊して、食べたいものだけを食べて、たまには外食で普段作れないものを食べたり。小腹が空けばコンビニでおつまみを買って食べても誰にも文句は言われません。

 

会社で予想外に遅くなる度に実家に連絡を入れたり、急遽会社の人と飲みに行くことが決まって、実家でご飯を用意してくれていたのに、食べられなくなることに罪悪感を感じることもなくなります。

 

誰にも迷惑をかけずに、食べたいものがあるなら自分で作ってもいいし、食べに行ってもいい、もはや何も食べたくなければ何も食べなくてもいい。こんな些細な選択がどれだけストレスの発散の軽減になることか。

 

 

会社までの距離を自在にコントロールできる

電車やバスの移動時間は本当に無駄だと思っている派なので、このメリットも大きいです。自分で住む場所を決めて、経路なんかを調べた上で、満員を回避し、あえて電車に乗る時間を作ることで読書や勉強に充てる、なんて発想ならいいと思います。

 

ですが、実家は自由に動かせないからって、毎日毎日なかなか来ない電車やバスを待つ時間や、座れもしない満員電車に揺られて往復する時間なんて、無駄以外の何者でもないと思います。筆箱に入ってるいつ作ったかわからない練り消しくらい無駄です。

 

私は会社まで徒歩20分の距離に部屋を借りて、徒歩で出勤していますが、この上なく便利ですよ。仕事が終われば、なんの待ち時間もなく、アニメを観ながら歩けば、丁度1本見終わるくらいに家に到着します。仕事終わりの疲れている日でも、すぐに家に帰ることができます。それすなわち、それだけ自由な時間を確保できるってことで、好きな料理を作ったり、小説を読んだり、またアニメ観たり、ゲーム実況観たり、勉強したり、なんでも好きなことができます。

 

これってすごく魅力的じゃない?

 

 

交友関係を深めることができる

これは仲のいい友人が住んでいるエリアにもよりますが、もし自分だけが実家住まいで、自分だけが終電を気にして早く帰らなければいけないなんて状況はもう最悪です。一部、会社の飲み会を早く切り抜けるという最強のカードになったりもしますが、それでもやっぱり、好きな友人と気が済むまで遊んで、一緒にいられるのは楽しいですよ。

 

時間なんて気にせず、好きなだけ遊んで、終電がなくなればタクシーで帰ればいいやってくらいの所に住んでいれば、それだけ遊びの幅も増えるし、楽しいことも多いですよ。きっと。

 

遠出するにしても集まりやすかったり、集合場所の拠点にできたり、交友関係を深める上でのツールの1つとして、家の場所って結構大事だったりします。

 

 

生きていくスキルを身につけることができる

家賃、水道光熱費、食費、通信代、保険など、「人ってアイドリングしているだけでも金がかかるのだ、まぢか」と強烈に実感します。これを知っているか知らないかで、その人から滲み出る人間性が変わってくると思っています。

 

大学時代に学費は親が全部払ってくれていて、お小遣いももらっているでやんす、って人とはどうしても仲良くなれなかったのと一緒で、社会人で実家で暮らしている人とは、どこか価値観感が合わないことが多いです。

 

お金のやりくりをはじめ、料理のスキルや炊事家事など、結婚するにしてもしないにしても、いつかは身につけなければいけないスキル。いつまでの親が元気に生きているなんて限らないんですよ。自分で稼いで、生活を守り、健康を維持できてこそ、初めて一人前で、それでこそ人として魅力が出てくるものだと思います。

 

友人でもやっぱりそういう人のほうが一緒にいて楽しいし、共感できることも多いです。

 

 

恋人との時間を過ごすことができる

実家暮らしの人の家に入り浸るなんてなかなかできないですよ。高校生じゃないんだから。懐かしいです。いま付き合っている人が結婚も視野に入れているなら、一緒に料理したり、テレビ観たり、一緒に過ごす時間の中でこそ、その人との相性とか見えてくるものでしょ。

 

朝は一緒に起きて、朝ご飯を一緒に食べて、動物園にでもデートに行って、また一緒に帰ってきて、夕ご飯を一緒に作って、一緒に食べて、一緒に寝る。大好きな人とずっと一緒にいられるなんて最高ですよ。

 

問題は人を好きになれないことだが。

 

 

まとめ

全く根拠も何もない発言ですけど、実家暮らしの人ってなんかださいんですよ。もし全く同じスペックの人がいて、実家暮らしと一人暮らしの人がいたら、やっぱり一人暮らしの人のほうが信頼できる気がするし、かっこいいって思いますよ。結局そういうこと。そういった環境が他人からの評価の妨げになったり、無意識に自分の自信をなくすことに繋がっているかもしれません。

 

自分だけの力で生きていて、自分の感性が刺激されるものに囲まれて、思いっきり遊んで、そうやって生きている人のほうが絶対かっこいいし、楽しいですよ。だからすぐにでも一人暮らしを始めるべきです。金ならなんとかなる。それを含めて勉強して、生きていこうよ。

 

以上