レモンのひとりごと

ひきこもりなアウトドア。一人暮らしの社会人で、旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、辛酸っぱいものが好き。

一人暮らし向け!10分で簡単にできるバターチキンカレー

f:id:lemolog:20170806094217j:plain

 

どうも、レモンです。

 

カレーって煮込む時間があることから、ついつい大量に作り置きしてしまいがちで、作ったはいいものの、腐らせまいと食べたくもないのに食べることが多い料理のような気がします。それに、ついついご飯を食べすぎて炭水化物オーバーにもなりやすい料理です。

 

ただ、ご飯の量を減らしてバターチキンにすると栄養素的にもけっこういい感じになり、それにフライパンでめちゃくちゃ簡単に1食分から作れるので、1人暮らしの人にも最高におすすめです。

 

材料(1人分)

・無塩のトマトジュース (200ml)

・ジャワカレールー (2欠)

グラスフェッドバター (ルーと同じくらい)

・にんにく (1欠)

・鶏肉 (好きなだけ)

 

重要なことは、普通は水でカレーを作るのですが、水の代わりにトマトジュース100%で作ることです。こうすることで味がマイルドになり、煮込む時間が少なくても本格的な味になります。ルーはスパイス系の市販カレールーを使うこと。個人的にはジャワカレーのスパイシーブレンドが好きです。

 

これ。

 

 

作り方

フライパンにグラスフェッドバターを焦げつかない程度に溶かし、にんにくを軽く炒めて香りが出てきたら、鶏肉を投入して炒めます。鶏肉に8割くらい火が通ったら、トマトジュースを全て入れて、ルーを溶かして、とろみがつくまで5分ほど煮込んだら完成。以上。所要時間10分。

 

 

もっと改良して、鶏肉を事前にプレーンヨーグルトに漬けて、冷蔵庫で2,3時間放置した後、ヨーグルトごとトマトジュースと一緒に投入したり、ルー以外にもガラムマサラとかクミンなどのスパイスを使用し、にんにくを炒める段階で適量一緒に炒めるなどするともっとうまいです。

 

 

グラスフェッドバターでオメガ3、鶏肉でたんぱく質、トマトジュースでリコピンカリウム、少なめのご飯で炭水化物を摂取。健康を維持する上でも十分な料理の完成です。グラスフェッドバターは牧草地で草だけを食べて育った乳から作るバターで、通常のバターと比較して、オメガ3などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、いくら食べても太らないです。むしろ、中性脂肪コレステロールを下げる作用があります。一方、普通のバターは飽和脂肪酸が多く含まれているので、脂肪がつきやすく、試しにグラスフェッドバターを購入してみるといいです。

 

lemolog.hatenablog.com

 

ご参考に。

 

以上