レモンのひとりごと

1人暮らしのひきこもりなアウトドア。旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、ジャスミン茶、鶏の唐揚げが好き。

趣味のない人向け!キャンプの魅力を全力で伝える

f:id:lemolog:20170826222337j:plain

どうも、レモンです。

 

趣味がなくて、休日はベッドで波乗りしちゃっている人!キャンプを趣味にすると楽しいよ!って話です。

 

lemolog.hatenablog.com

 

キャンプって他の趣味との相性もよくて、例えば、ドライブが好きな人にとってはキャンプサイトまでのドライブにもなるし、釣りが好きな人は、川や海で釣りができるサイトを選んでも楽しいです。あと、写真や絵が趣味の人も、自然の中では心が惹かれる景色や情景に出会える可能性も高いです。

 

 

キャンプを通じていろいろなことに興味が出てくるといいよね。今回はそんなキャンプの魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

1 程よいドライブになる

f:id:lemolog:20170826223641j:plain

住んでいるエリアにも寄りますが、たぶん車で1~3時間くらい走らせれば、どこからかしら山の中のキャンプサイトに辿り着ます。日本中キャンプサイトなんて死ぬほどあるので、いろいろ見てみると楽しいです。ドライブをしているだけでも楽しいわけで、自分で好きな運転距離や行ってみたい県のサイトを探せば、キャンプだけじゃなくてドライブも楽しめちゃいます。それに、行きのドライブなんてうきうきで天井ぶち破りそうなくらいになって最高にハイになります。(帰りは死にます)

 

ちなみに、2人のキャンプだったら軽とかでも全然大丈夫だと思いますが、人数が増えてくるとその分荷物が増えてくるので、そこそこ大きい車が必要になります。ただ、車なんてなければないで、レンタカーを利用してしまえばいいので、全く問題なしです。ついでにSUVとか借りて行くと、それだけでもテンション上がります。

 

 

2 四季を感じられる

f:id:lemolog:20170826222703j:plain

春は桜が美しく、夏は緑が美しく、秋は紅葉が美しく、冬は死ぬほど寒い。

 

キャンプのいい所は季節に影響されないことですね。むしろ、季節を楽しむがキャンプです。キャンプで個人的に好きな季節は秋と冬です。

 

秋が一番好きで、夏最大の敵の虫もいなくなり、昼間は太陽の光でぽかぽかしているので、さくっとテントを張ってしまって、簡単なおつまみとかを作りながら、ビールを飲む!日が落ちると肌寒くなるので、一枚上着を追加して、焚き火を本格化させる。寒いんだけど、暖かい。焚き火でホットワインを作ったり、ホットウイスキーにしたり、落ち着いてコーヒーなんかを淹れてもいいです、暖かい飲み物を飲んで、焚き火の「ぱちぱち」っていう音を聞きながら、満点の星空を眺める。都市部で暮らしている人ほど、このギャップに感動します。

 

冬は冬で、めちゃくちゃ寒くて泣きたくなるんですけど、キャンプの本来の楽しさって「不自由を楽しむ」って所にあると思っており、冬だとその不自由さが最高レベルになります。でもそんな自然の厳しさを直に感じると、強烈に生きていることが楽しくなります。

 

 

3 酒がうまい

f:id:lemolog:20170826223211j:plain

晴天の日に、山の中で飲むビールは最高にうまい、仕事終わりのビールよりもうまい!あとワインも最高にうまい、ウィスキーも最高にうまい、日本酒も最高にうまい。つまりなんでも最高!ありとあらゆうお酒を魔水に変える最強の呪文が「キャンプ」です。

 

個人的には、キャンプで飲むビールは瓶ビールのほうが雰囲気が出て好きなので、バドワイザー、コロナ、ハイネケンあたりを好んで飲んでいます。夜には、ステンレスマグにウィスキーをたぷたぷっと入れて、レモンを絞り、焚き火で温めながら飲むのがまた至高です。

 

 

4 料理が楽しくてうまい

f:id:lemolog:20170826223310j:plain

キャンプというアウトドアが最強のアクティビティに変わる瞬間が、この「料理」というものです。作ろうと思えば思えばなんでもできます。

 

カレーだろうが、チーズフォンヂュだろうが、パエリアだろうが、天麩羅だろうが、

タコスだろうが、鍋だろうが、ピザだろうが。

 

キャンプの度に、今回のキャンプでは何を作ろうかと考えはじめて、その料理をキャンプ場で作るためには、なにが必要で、どうやって作ろうかと道具を揃えたり、スーパーの食品売り場を走り回っている時点からもはや楽しい。子供の頃カートを押す足がうずいたように、大人にもなってもスーパーで踊らせてくれます。

 

自分で作ったご飯ってやっぱりおいしいよね。それが大自然の中で不自由しながら作るのだから、楽しくておいしいに決まっています。

 

 

5 一緒に行く人との関係が深まる

一人で行くキャンプもめちゃくちゃ楽しいですが、2人いるともっと楽しい。3人といるともっともっと楽しい。友達とだろうが、家族とだろうが、大自然の中で、協力してテントを張ったり、料理をしたり、焚き火を見ながらばか笑いしたり、普段はしない話をしたり、独特のその空間を共有すると自然と関係は深まっていくような気がします。

 

だから、キャンプって長い間趣味として成り立っているんだと思います。

 

 

 

つまりなにが言いたいかって、キャンプ最高ってこと!あと、夏の虫には気をつけて。

 

以上