レモンのひとりごと

ひきこもりなアウトドア。一人暮らしの社会人で、旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、辛酸っぱいものが好き。

タイで自然好きに勧める街チェンダオ

すっかりタイの虜、どうも、レモンです。

 

タイといえば、最強の夜の街バンコクに始まり、顔が埋もれた木で有名なアユタヤ、海沿いの遊びの街パタヤ、日本から近い最高の島プーケット

 

メキシコを愛して止まないのですが、タイのポテンシャルはメキシコと同じくらいです。豊かな自然があれば、綺麗な海あり、歴史を感じる建築物もある、気候も気持ちいいし、夜も遊べる、なにより飯がうまい、そして安い、最後に日本から6時間で行ける距離。

 

控えめに言って、最高。

 

でも、タイに行く人の多くはバンコク周辺か、南部に行ってしまうのですが、アウトドア派の人には是非北部に行ってほしいです。

 

北部をバイクで2週間回っていたのですが、訪れた中でも最高だったのが、そう、チェンダオ。

 

f:id:lemolog:20170803194820p:plain

バンコクから見るとだいぶ北だよね。チェンマイという第2都市からバイクで70kmくらい北上した所にあります。ちなみにバイクはチェンマイで1日単位でレンタル可能。

 

 

チェンダオのなにが最高かって、やっぱり自然。なんといっても自然。別に有名な山があるわけでも、美しい草原があるわけでもないけど、山の景観が綺麗で、田舎でゆったりとしていて、ほっこりする所。街といいつつも、なにもない村だ。

 

海外旅行って、観光地に行って、世界遺産を見て、いいレストランで食事して、ってそういうのも楽しいけど、私は断然、観光地じゃなくて、その国の自然な姿を感じられる所が好きで、すぐに田舎を探してしまいます。

 

このチェンダオって所は、山奥の山岳少数民族の村に泊まれたり、ファームに泊まることができたり、いい感じに整備された無料の温泉があったり、とにかくナチョラルな自然を感じられる。

 

チェンマイ周辺には少数民族を巡るツアーなんかがいくらでもあるけど、そういった観光に寄りすぎていない、自然な少数民族の村に行くことができる。タイ人が避暑地として訪れるようなそんな所。

 

山奥にテントを張って、満点の星を見ながら、眠る。

f:id:lemolog:20170803195555j:plain

 

山の景観が美しい。

f:id:lemolog:20170803195623j:plain

 

ローカルの食事にビールを飲んで山を眺めるだけで最高に贅沢な時間。

f:id:lemolog:20170803195832j:plain

 

 

あと、ファームに泊まれる。山の中にファームがいくつかあって、バンガローに宿泊できる。ファームでは果物や野菜を育てて、どれだけ食べてもいい。海外にいるのに、そこで生活しているような、そんな感じがたまらない。

 

静かで気持ちがいい。

f:id:lemolog:20170803200528j:plain

 

野菜を並べてみる、かわいい。

f:id:lemolog:20170803200448j:plain

 

山の中にあるバンガロー。

f:id:lemolog:20170803200456j:plain

 

川の音を聞いて、ビールを飲む。

f:id:lemolog:20170803200453j:plain

 

 

残念ながら写真がないのだが、川の真横に併設された野生の温泉もある。もちろん無料。海外の温泉って日本人が求める温泉から悪い方向にかけ離れていることが多いけど、ここの温泉は日本人が好きな風貌。大自然の中にあるなにも遮るもののない露天風呂。

 

 

 

最高に楽しいタイだが、その中でも山の中にある素朴を感じられる素敵な街、チェンダオ。きっと、もっと、タイを好きになる。

 

以上