レモンのひとりごと

ひきこもりなアウトドア。一人暮らしの社会人で、旅、キャンプ、アニメ、小説、料理、辛酸っぱいものが好き。

普通の遊びに飽きた人には無人島サバイバルがおすすめ

どうも、レモンです。

 

飲むのも飽きたなー、彼女もいないしなー、男だけでドライブ行くのもなー、温泉は行きたいけど男だけなのもなー、なんか面白いことないかなー、そんなことを飲みながらぐだぐだしている人に。

 

 

無人島へ行こう。

 

なんで無人島がいいかって?

 

そんなの決まっているじゃないですか。ロマンに溢れているからだよ。ここにサバイバルキャンプ要素も加えたら完璧です。世界観への入り込み方が◎になります。

 

ただ、無人島だからといっても誰かしろの所有物なので勝手にテントを張っていいわけではなくて、ちゃんとテントが張れるサイトがある島を探す必要があります。

 

探してみると意外とテントが張れる無人島ってあるんですよ。一度検索かけてみるといいです。お住いの近くに1つくらいはあると思います。

 

キャンプ場として整備されている広島の龍王島とか、歩行と二輪でしか行けない愛媛の見近島とか、野生動物の多い宮崎の乙島とか、東京近郊だと無人島を貸し切りできる伊豆のAQUA VILLAGE、とかとか。

 

ちなみに私が友人と訪れたのは「和歌山の友ヶ島」という島。和歌山県の加太港という港から友ヶ島行きの船が出ていて、20分くらいで着きます。

 

ちなみにこの島は世の中ではジブリ的な要塞の島として有名な場所ですが、そんなことは気にせずサバイバルです、サバイバル。

 

要するに、食料、道具、調味料の類は持ち込み禁止。テント、最低限の熱源、釣り竿、モリなどの食料を確保するための道具のみ持ち込み可。カップラーメンを持ってきた者は見つけた瞬間海にスローインのルール縛り。でも水はないと死にます。

 

 

友ヶ島に到着したら、船着き場のすぐ目の前にある管理事務所でキャンプの申請をします。そのまま森の方へ歩いていくと、海が見える開けた場所に行き着くので、そこでテントを張るわけですが、そこはすぐ海なので遮るものもなく、風が半端ないので注意。

 

キャンプサイトについたら、さくっとテントを設置してしまって、火おこしに取り掛かるわけですが、普段キャンプでバーナーや着火剤などを便利道具に頼っているキャンパーはいかに火をおこすことが難しいかを体感するはず。炭や薪もないので、枯れ葉や小枝を拾い集めて、火をつけるのですが、まず火がつかない。そして、すぐ消える。呆然とする。ついても火が連続しない。キレる。振り出しに戻る。これの繰り返し。縄文時代の人すげえー、ってなります。

 

火がついたら次は食料の確保。もちろん、食料の持ち込みは禁止ルールなので、雑草系、キノコ系、肉系、魚系が食料の候補になるわけですが、雑草系は知識ないため不可、キノコ系も知識ないため不可、肉系は猟はできないから不可、魚系は釣れる。よしいける。こんな感じになります。

 

というわけで、船着き場近くでは魚が釣れそうなので、釣り班と、素潜りモリ班に分かれて食料を確保します。ちっっさいアジみたい魚が釣れます。小さすぎて泣きそうになります。ちなに素潜りモリ班は気分だけです。捕れません。

 

釣りで確保した魚は、そこら辺に落ちている鋭利っぽい石を探して、捌きます。そして、死ぬ気で起こした火で炙るわけですが、おっと、調理料がないと。海の水を蒸発させて塩を生み出します。そして、炙った魚に塩をまぶして食べます。はい。まずいと。

 

ここまでが1サイクル。あとは、島を探検したり、違う魚を捕まえたり、思うがままに遊べばいいです。

 

最高に刺激的で楽しいですよ。

 

 

普通の遊びに飽きた人、いつものキャンプに飽きた人、ばかなことをやりたい人、どうぞご参考に。内地に戻って食べるご飯がまた、んまいですよー。あと温泉ね。

 

以上

中南米を1年間旅した私が選ぶ絶対行っとけ10選

どうも、レモンです。

 

私は大学時代に1年間休学をして中南米を放浪していました。死ぬ気でお金を稼いで、死ぬ気で英語の勉強をしました。そしたら中南米スペイン語圏やないかーい、って。

 

中南米という地域は日本から行こうと思うと最高クラスに遠くなるので、なかなか行く機会に恵まれない人が多かと。

 

ですので、実際にこの記事を参考にする人は少ないと思うので、世の中にはそんな場所もあるんだ、へえー、くらいで聞き流して下さい。そしていつか行って下さい。あ、写真はないので。ないんかーい。

 

だってアルゼンチンで一眼含めてパソコン諸々の電子機器全部を強盗に持ってかれましたので。持ってかれたー!!

 

というわけで早速いってみましょい!あ、ちなみにランキングとかではないです。はい、どーん。

 

1 メキシコ マスンテ

2 ボリビア ウユニ塩湖

3 メキシコ オアハカ

4 キューバ サンティアゴ・デ・クーバ

5 エクアドル カノア

6 チリ 船旅

7 アルゼンチン パイネ国立公園

8 コロンビア ボゴタ

9 メキシコ セノーテ

10 ボリビア ワイナポトシ

 

f:id:lemolog:20170727172937p:plain

絵が適当なのはスルーして下さい。世界遺産の類は基本的には興味ないので、体験上、心が震えたかどうかが選定の基準です。

 

 

1 メキシコ マスンテ

メキシコの太平洋に面した街、いや小さな村。当時の地球の歩き方には、ちっちゃい枠で隅っこの方に「ウミガメの産卵で、、」的な紹介がされていました。要するに超マイナースポット。ちなみにマスンテの隣のビーチはゲイビーチで有名らしく、どうりで視線を感じたわけです。

 

マスンテに行くためには、最寄りの街から乗り合いバスみたいのに乗って、何時間も山道のぐにゃぐにゃ道に耐える必要があり、まさに秘境、まさに楽園です。到着してめっちゃ吐きました。

 

青い空、ナチョラルな海、手のつけられていない砂原、緑が美しい森、珍しい鳥の鳴き声、海沿いのおしゃれなカフェ、夕日の沈む丘、サーフィンで遊ぶ子供たち、歩いて回れる小さな楽園。

 

クーラーなんていう代物はないので、朝は寝苦しさに目が覚め、そのまま裸足で家を出る。そこに暮らす人も同じ。おしゃれでおいしいパン屋でパンを買い、そのまま歩いて海沿いのカフェでコーヒーを飲む。波の音に癒され、眩しい太陽を手で避け、サーファーを眺める、そんなゆったりとした時間を過ごす。飽きたら、海まで歩き、木陰で本を読むも良し、泳ぐも良し、ボディーボードをやるも良し、サーフィンをやるも良し、思うがままの時間を過ごす。日が沈む頃には、夕日の見える丘まで歩いて上り、地平線に消えていく夕日を見ながらコロナを飲む。お腹がすいたから、近所のごはん屋さんで食事をして、辺りが暗くなったら、歩いて宿まで戻り、静かにハンモックに揺られて本を読む。そしてまた日が昇る。さて、今日はなにをしようか、それがマスンテ。

 

☆秘境でスローライフを経験したいあなたに

 

 

2 ボリビア ウユニ塩湖

説明不要の世界最強の景色スポット。世界の景色でウユニ塩湖を追い越すものはこの地球上にはない。あるとすれば、おそらくそれはたぶん南極のどこか。

 

そこは辺り一面、見渡す限りの空。地平線の向こうまで空以外はなにもない。ふと足元をみても薄く張った湖の水に空が全反射し、足元にも空が広がっている。

 

空の方向へ一人歩いていくと、そのまま違う世界に続いているようなほどの異空間。

 

空の気分次第で幾通りにもその世界を変化させる。雲一つない晴天の日も、雲の多い夏空のような日も、雲で覆われた暗く重い日も、雷が鳴り響く日も、朝日の登る瞬間も、夕日が消えるのその時も、満点の星空も、その全てが美しい。ただただ美しい。

 

この景色を見ずに死ねるか、心からそう思わせてくる景色、それがウユニ塩湖。

 

☆現実世界で最強の景色を見たいあなたに

 

 

3 メキシコ オアハカ

再びメキシコ。メキシコ大好きです。メキシコシティにの近くに位置したそこそこ大きな街。有名な食べ物はオアハカチーズ。これが抜群においしい、しかも安い。街のトルテイーヤ屋さんで生地を買って、新鮮なアボカドとオアハカチーズをそのトルティーヤで包んで食べる、もうびっくらこいた。

 

街自体も非常に美しく、五目状に並んでおり、建物も低いから街全体に統一感があっていい。当然、メキシコが誇る最強の屋台飯タコスを始めとするハイスペックの屋台もたくさん並んでいる。

  

オアハカを拠点に周りの小さな村も巡れるし、イエルベ・エル・アグアという世界的にも珍しい山の中ににある神秘的な湖もある。

 

ついつい長いしてしまうそんな居心地のいい街、それがオアハカ

 

☆おいしい食べ物、うまい酒、やさしい人、魅力的な景色を求めるあなたに

 

 

4 キューバ サンティアゴ・デ・クーバ

音楽の国キューバ。その中でも、カリブ湾に面した街。キューバは世界でも珍しい社会主義国家で朝になると配給で並んでいる人をよくみるような国だが、音楽機器が国から支給されているのか、すごい。明らかに街に馴染んでいない。

 

そんなサンティアゴ・デ・クーバだからこそ、街を歩けば、どこからでも音楽が聞こえてきて、気がついたらサルサに巻き込まれている。夜になればクラブで現地の音楽に浸るも良し、うまいキューバリブレを飲みながらサルサを観るも良し。近くにいる人ともすぐ仲良くなれる、それが音楽の街サンティアゴ・デ・クーバ

 

☆本場のラテン音楽に浸りたいあなたに

 

 

5 エクアドル カノア

日本人のバックパーカーには有名な街かもしれないが、エクアドルの太平洋側にある海の街。いい波が来るとサーファーに人気が高い街です。

 

マスンテとはまた違うが、海沿いの小さな街で、歩いて行ける範囲にはおいしい食堂もたくさんあり、生活に全く不自由がなく、むしろ居心地がいい。

 

午前中には3時間程サーフィンの練習をして、シャワーを浴びた後、近所の食堂で昼飯。エクアドルは米が主食なので、日本人の口に合う料理も多く、むしろめちゃくちゃおいしい。日本でもエクアドル料理が食べたい。午後はジュースでも飲みながらハンモックに揺られて本を読んだり昼寝したり、海辺の楽園カノア

 

☆シンプルに海が好きならあなたに

 

 

6 チリ 船旅

チリの太平洋側の陸沿いにそって南米大陸の南先端まで降る船旅。地図で見ただけでもチリの南先端は島々が密集しており、その間を船で通過するのを想像するだけでも興奮する。

 

私はたしか4泊5日くらいの学割で6万円のくらいのツアーに参加したが、船旅中は3食付きとジュース飲み放題と、なかなか待遇でした。

 

ただ、船の上なので本当にやることはない。無。ひたすらカンバンで風を受けながら、酒を飲んだり、近くの暇そうな人と喋ったり。でも、毎日の朝日と夕日が綺麗で、どんどん世界の南端に向かっていく感覚と、少しずつ景色が美しくなるのが楽しい。氷河も見れる。

 

時間を贅沢に使った手段のため、時間を持て余した長期バックパッカーくらいしか体験できない世界の果てへの船旅。

 

☆時間のあるあなたに

 

 

7 アルゼンチン パイネトレッキング

世界最高のトッレキングスポット。いろいろなコースがあるのだが、私はWコースといって、山をWの形に進む4泊5日のコースを選択した。

 

エルトナタレスという拠点の街でトレッキングのためのテントとか、食料とかを用意します。なんか冒険っぽくて楽しいですよね。

 

トレッキング中の食事は基本的に持っていった食料だけ。持っていく量が少なくて、パスタに醤油をかけて食べるだけなど、涙がでるくらいおいしくない食事が続かないように気をつけてほしい。私のように。ただ、パタゴニアの荘厳な山々は本当に圧巻で、氷河をバックに写真を撮っていると「ずいぶんと遠くまできたものだ」なんて、感慨深くもなります。但し、気をつけて、死ぬほどきついです。

 

☆絶景がみたいあなたに

 

 

8 コロンビア ボゴタ

中南米の3Cといって、コスタリカ、チリ、コロンビアは美人の多い国で有名。それだけで来る価値がある。詳しい歴史は分からないですが、たぶん欧州と南米の混血という最強のミックス。街を歩けばモデル級の美女が沸きに沸いています、それがコスタリカ。以上。

 

☆続きはGoogle検索で

 

 

9 メキシコ セノーテ

再びメキシコ。メキシコは本当に最高の国。海あり、山あり、砂漠あり、観光地あり、遺跡あり、飯もうまけりゃ、酒もうまい、なのに安い。

 

さて、セノーテは地底湖。何百万年の時間が作り出した地球上の奇跡。晴れた日には透明度100mという半端ではない透明感を体験できます。このセノーテをダイブするにあたり、40mを潜れるCカードのライセンスの他、中間浮遊の技術や、洞窟のため緊急浮遊ができないポイントが多くパニックにならないだけの経験がいる。私はセノーテでダイビングをするためだけにメキシコのコスメル島でスキューバダイビングライセンスのアドバンスまで取得した。10万円以上の出費。

 

でもそれだけのコストを払っただけの価値はありました。海の世界とかまた違う神秘の世界がそこにありました。

 

☆水世界の神秘を経験したいあなたに

 

 

10 ボリビア ワイナポトシ

ワイナポトシ山自体は世界的に見れば決して高い山ではない。ただこの山の魅力は標高6,000mと富士山の2倍くらいの高さがある山なのにも関わらず、拠点となる街であるラパスが標高3,600m、登山も4,500mからスタートするため初心者でも1泊2日で挑戦できることです。お手軽に標高6,000mに挑戦でき、しかも費用も1~2万円程と安い。

 

「楽勝でしょ、1,000mちょっと登るだけでしょ、そんなの高尾山で経験済みだわ」みたいに思っていたら、死ぬ。そこは標高6,000mの世界。想像を絶するくらい人間が自由に行動できる域は超えています。

 

酸素分圧が低くて、息が苦しくて、目眩がすごくて、消化器系がうまく作用しなくて、寒くて、寒くて、寒くて、死ぬほど辛いですが、その対価としてなんとも言えない達成感と見たこともないほどの景色、空気感がそこには待っています。

 

 ☆人間の限界に挑戦したいあなたに

 

 

 

以上、写真のなしのおすすめスポット紹介でした(笑) 

2017年夏アニメ3話終了時点でのおすすめアニメ

どうも、レモンです。

 

毎年季節が変わるたびに、今期はどんなアニメがあるのか、名作が生まれるのではないかと、わくわくしています。衣替えなんてしてる場合じゃない。

 

新しいアニメが始まったときの私の視聴スタンスは、まず1話は好き嫌いをせずに観れるだけ観る。もし合わなければ、5分でも切る。1話を観た上で、2話を観たいと思った作品は引き続き2話も視聴。繰り返しで、2話観てもまだ飽きなければ3話も観る。そして3話が終わる時点で、そのシーズンで視聴するアニメ、つまりおすすめアニメが確定する。このサイクルを毎シーズン繰り返しています。

 

その結果、今期は14作品を視聴中なわけですが、私の評価基準別でおすすめを紹介します。

 

lemolog.hatenablog.com

 

 

<別格> メンドインアビス

正直震えた。まどマギ、シュタゲ、あの花、と私の中での名作揃いの2011年を最後に、ストーリーが重厚で、その世界に引きずり込まれるような作品には出会えていなかったのですが、ここにきて来ました。原作の人、アニメのスタッフさんありがとう。

 

ストーリーは「突如世界に見つかった巨大な穴の謎を解明するため、穴の探索に挑む探検家の話」なのですが、地下ダンジョン系で階層が深くなればなるほど未知で危険になるという心躍る設定に、その設定を活かす独特の世界観、少年と少女が未知の世界を旅するというファンタジー性、まるでゲームのフィールドを歩いているかのような美しい作画、1話1話のテンポの良さと、それと引きの良さ。どれをとっても素晴らしい。

 

1話で、「お、これは」と思わせてくれる作品は多いが、3話終了した時点でも1話の衝撃を響かせ続けてくれる作品は少ないが、この作品は全く失速している感覚がない、むしろ加速している。

 

まだ原作が完結しておらず、今回は1クールで終わってしまうのが残念でしょうがないのでだが、それでも期待してしまう、名作が生まれる瞬間を。

 

 

<名作の予感> DIVE

作家森絵都の小説のアニメ化作品。森絵都原作でアニメ化された有名な作品に『カラフル』がある。森絵都は中高生をターゲットにしている児童文学を主戦場にしている作家ではあるが、「児童文学ね、はいはい、がきんちょは読書感想文でも書いてな」的に甘く観ていると痛い目をみる。森絵都を読むと大人は悶絶する。その眩しさ、自分の過去との比較に。

 

さて、DIVEだが、飛び込みというマイナーなテーマに、中学生、高校生がオリンピックを目指すという熱くなる設定。キャラデザインだけ観ると、「あー、はいはい、腐女子乙」みたいな感じになるが、スルーしてしまうのはもったいない。原作が面白い作品のアニメ化が面白くないわけがない。原作が小説であるため、漫画原作のアニメ化とは異なり、アニメとして1クールもしくは2クールで綺麗に完結するのも魅力。

 

少年漫画原作のスポ根アニメにはない、大人を悶絶させる森絵都の青春スポ魂アニメ。大人が楽しめないはずがない。

 

 

<脳みそ空っぽにして純粋に楽しめる> 賭ケグルイボールルームへようこそ、ナイツ&マジック、異世界食堂異世界はスマートフォンとともに。NEW GAME!!アホガールはじめてのギャル、ようこそ実力史上主義教室へ、ゲーマーズ

 

私のアニメの評価基準からは名作とは呼べないが、それでもアニメというのは本来脳みそ空っぽにして純粋に楽しめることが大事だと思っている。そういう意味では、これらの作品も十分すぎるほど面白い。

 

イセスマやナイツ&マジックなどの主人公チート作品が今期は多い印象だが、特に実力至上主義の教室は世界観や設定もよく、ついつい次の展開に期待してしまう。ボールルームも社交ダンスというマイナーな題材で、ルールもなにもしらないが、いつのまにかその世界に引き込まれてしまう。賭ケグルイなんかも、めちゃくちゃな設定だが、心理戦がとにかく面白く、デスノートが好きな人には絶対楽しめると思う。ゲーマーズはじめてのギャルアホガール異世界食堂なんかは、脳みそ空っぽに気持ちよく観ていられる。

 

枠外:僕のヒーローアカデミア

原作が高い人気を誇っており、アニメとしても死ぬほど面白い。2クールで終わるが原作はまだまだ続くと思うのでひとまず枠外扱いで。

 

 

 

まだ観ていない作品があればすぐに見始めてもいいし、メイドインアビスなんかはもう続きが気になって発狂しそうになるので、1クール終わるまで待って、まとめて観てもいいと思う。

 

それでは、また。

 

以上

大人におすすめしたいアニメを本気で考えた

どうも、レモンです。

 

もうアニメ最高です!!私の人生の半分はアニメとあとの半分は鶏の唐揚げで構成されています。高校時代にはわりとイケイケな感じのキャラと並行して「悪い、アニメ観なきゃいけないから帰るわ、ぴしゃり」みたいな感じで全力の帰宅部を決め込んでいました。

 

というわけで、早速本気で考えた大人向けのおすすめアニメを紹介したいのですが、好きなアニメを評価する上で人それぞれ評価基準は違うと思います。

 

個人的な評価基準となるのは「どれだけその作品の世界に引きずり込まれたかどうか」になると思います。

 

SFだろうが、シリアスだろうが、恋愛だろうが、ギャグだろうが、スポ魂だろうが、時間を忘れて視聴し、その世界観に入り込み、見終わった後にはしばらく現実世界へ帰ってこれない虚無感と焦燥感を含んだような、そんな作品達です。萌え萌えの中身スカスカの作品では到底感じることが出来ないので、それすなわち大人向けになります。

 

作品の世界に入り込むためにはアニメとして完結していないと難しいので、アニメで完結していない作品は今回の選定から外しています。

進撃の巨人」とか、世界観もストーリー構成も演出もキャラも作画も最高クラスですが、まだまだアニメとして完結しそうもないので、除外している感じです。

 

中身のない、世界観のない、ストーリーのないアニメにはもう飽きた大人の皆さん、どうぞご参考に。

 

ちなみにランキング形式ではありません。全部おすすめなので。順番も意図的にジャンルをごちゃ混ぜにしています。

 

それでは、いってみまっしょい!テンション上がってきた。

 

1 新世界より

天才作家貴志祐介の最高傑作小説のアニメ化作品です。原作もハードカバー上下巻から構される大作で、世界観の創り込み方が半端ではないです。ファンタジーと人間のえぐい部分の見事な融合。間違いなくオススメです。

 

☆ありきたりな設定に飽きたあなたに

 

 

2 船を編む

作家三浦しをんのアニメ化作品。原作の方は本屋大賞を受賞しており、原作の面白さはピカイチです。サラリーマンが辞書作りに人生を捧げるというマイナーなテーマですが、静かな熱量、サラリーマンの友情、美しい恋愛要素など大人心をくすぐる作品です。

 

☆仕事に飽きてきたあなたに

 

 

3 プラネテス

簡単に言うと「宇宙をテーマにしたサラリーマンの話」宇宙という男ならワクワクしてしまうテーマに、サラリーマンという現実感の要素がマッチ。主人公は全くかっこよくないのですが、でもかっこいい、そんな男の話です。ちなみに最終話の最後のやり取りは傑作です。

 

☆宇宙に夢みるあなたに

 

 

4 うさぎドロップ

うさぎドロップ 【初回限定生産版】 DVD 第1巻

うさぎドロップ 【初回限定生産版】 DVD 第1巻

 

ジャンルでいえば日常系になるのだろうか。独身男性と女の子の子供が一緒に暮らす話。泣けて、ハラハラして、キュンキュンして、心がほっこりする作品です。これ以上の説明は不要。

 

☆最近心が荒んでいるあなたに

 

 

5 Over Drive

OverDrive 完全初回限定 DVDBOX

OverDrive 完全初回限定 DVDBOX

 

高校生の競技自転車の話。弱ペダが爆発的な人気を出しましたが、同じ競技自転車を扱う作品では弱ペダよりも先だよ。ヘタレな男子高校生が頑張って頑張って頑張る話。熱くて、応援したくなります。

 

☆熱くなりたいあなたへ

 

 

6 カウボーイビバップ

おしゃれでホードボイルドだぜ。基本は1話完結のスタイル。音楽良し、キャラ良し、作画良し、1話1話のストーリ良し、とにかくかっこいい男の作品を見たい人におすすめ。

 

☆萌え萌えなアニメに飽きたあなたに 

 

 

7 とらドラ!

青春。そうこれこそが青春。見返した回数で言えば断トツでナンバーワンの作品。ラブコメの覇権アニメ。ストーリー、キャラ設定、ギャグ、セリフ、音楽、なにをとっても素晴らしい。ぜひ2周してほしい。1周目では気が付かなった何気ないセリフに震えます。ちなに私はアーミン派。

 

☆笑って、泣けて、ドキドキしたいあなたに

 

 

8 Serial experiments lain

アニメ界においても異色な作品。鬱アニメ。鬱アニメの中でも別格。青春アニメとかもう観てられねえよ、って人に観てほしい。作品全体を覆っている暗い空気がなんともいえない。アニメの幅の広さを実感する。

 

☆おもいっきり鬱に浸りたいあなたに

 

 

9 STEINS;GATE シュタインズゲート

神がかっています。もしランキングをつけるなら3本の指に入る作品。特にストーリー構成が素晴らしい。1話では主人公のあまりの厨二病っぷりに、アニメ耐性がない人だと引いてしまう可能性があるが、数話我慢して観てほしい。その先は引きずり込まれるように世界に入り込む。記憶を消してもう1度観たい作品。アニメでも小説でも映画でも稀にこういった作品に出会うからやれられない。

 

☆最高のストーリーを体験したいあなたに

 

 

10 ぼくらの

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

 

子どもたちが地球を守るために戦う話。ジャンルはSFになるが、命という重いテーマ扱った作品でもあります。そのため作品全体には生々しい重たい空気感が常に漂っています。あとOPは一度聞いたら一生忘れないです。

 

☆重いテーマが好きなあなたに

 

 

11 暗殺教室

ウルトラハイスペックな先生と落ちこぼれ生徒たちの話。黄色い生物のふざけたキャラデザインから敬遠する人も多いが、物語のバランスが素晴らしい。コメディあり、シリアスあり、涙ありと、どの世代が観ても楽しめる紛れもなく名作だと思います。

 

✩学園アニメの一歩先を観たいあなたに

 

 

12 Angel Beats!

key作品の1つ。key作品で他に有名なのは『AIR』、『kanon』、『CLANNAD』などがある。key作品はとにかく泣ける。だが、key作品全体に言えることだが、アニメ耐性のない人にはキャラクターデザインがとっつきにくい。それでも泣かせにくる演出は分かっていても涙を堪えることが出来ない。挿入歌に注意。

 

☆黙って泣きたいあなたに

 

 

13 交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン DVD-BOX 1 (期間限定生産)

交響詩篇エウレカセブン DVD-BOX 1 (期間限定生産)

 

ジャンルで振り分けてしまうとロボットだ。でも違う、ロボットアニメが苦手だからと先入観でスキップしないでほしい。主人公の成長と恋がテーマ の50話にもおよぶ大作だ。長いことから敬遠されがちだが、大丈夫、観続けるとどこかで「すっ」と溶け込むようにエウレカの世界観に入り込む。

 

バスクード・クライシス!!!と叫びたいあなたに

 

 

14 寄生獣

ジャンルはバトルかな。全体を通して完成度が非常に高く、特にサントラは超いい。ken araiさん大好き。ドラマの失恋ショコラティエとかのサントラもaraiさんが作っている。Youtubeで鬼ループ間違いなし。

 

☆ストーリー◎バトル◎のバランスがいい作品を観たいあなたに

 

 

15 刀語

刀語 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)

刀語 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)

 

1本1時間のアニメ。主人公とヒロインで旅をしながら刀を集める話。主人公の刀の腕前的な意味でも、精神的な意味でも、成長していく様を観るのが心地いい。作画やセリフに癖が強いため、とっつきにくいかもしれないが、誰にでもおすすめできる作品です。

 

☆刀が好きなあなたに

 

 

16 カレイドスター

カレイドスター~10年目のすごいBlu-ray BOX~豪華版

カレイドスター~10年目のすごいBlu-ray BOX~豪華版

 

サーカス興業がテーマの珍しい作品。女性向けと敬遠していた人も観てほしい。50話とボリュームがすごいが、それは良く捉えるとストーリが厚いということだ。ギャグからシリアスまで幅広くカバーし、主人公がスターへと精神的にも成長していく。頑張る勇気が湧いてくる、そんな作品です。

 

☆なにかに挑戦しているあなたに

 

 

17 CLANNAD

key作品の1つ。 いまさら語る必要がない日本アニメ界屈指の名作。キャラデザイン、ゲーム原作の独特のセリフに最初は馴染めないかもしれないが、是非、アフターまで観てほしい。号泣で画面が見えなくなるのは必須。

 

☆号泣したいあなたに

 

 

18 東京マグニチュード8.0

Tokyo Magnitude 8.0: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

Tokyo Magnitude 8.0: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

 

地震を扱ったテーマ。私はアニメとは非現実期な部分と現実的な部分がうまくバランスをとった作品が名作であると思っているが、この作品は現実的な部分の要素がかなり大きい。明らかに泣かせにくる話が生理的に無理という人は、こういった生々しくて、胸が苦しくなるような作品が向いているかもしれない。

 

☆前に歩く勇気をもらいたいあなたに

 

 

19 黒の契約者

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX

 

ダークファンタジーの金字塔。作品全体に中二病くさい空気感が終始漂っていますが、普通のファンタジーに飽きた人におすすめ。中盤までは退屈ですが、いつの間にか世界観に引き込まれているはずです。

 

☆王道ファンタジーに飽きたあなたに

 

 

20 ちはやふる

競技かるたをテーマに扱い大ヒットした有名な作品。少女漫画からのアニメ化作品は総じて面白いが、ちはやふるは別格です。とにかく、美しく、熱い。少年誌からは生まれない独特のスポ魂作品に手に汗握り、涙すること間違いなしです。

 

☆新しいスポ根作品を観たいあなたに

 

 

21 機動戦士ガンダムSEED DESTINY

とにかく賛否両論の多い作品。むしろ否の評価のほうが多い気がする。ガンダムシリーズでなにが好きかを争うのは永遠のテーマですね。正直この作品は思い出補正の部分の方が大きく、私をアニメの世界に引きずり込んだ作品の1つであるため、ひいき気味に評価です。ですが、いまさら昔のガンダムの作画が無理って人には、ガンダムシリーズの入り口として大変おすすめ。

 

☆名セリフに震えたいあなたに

 

 

22 坂道のアポロン

ジャズをテーマに扱った作品。音楽を扱ったアニメはいかに演奏のシーンで視聴者を引き込むか。そういう意味ではこの作品は十分にその期待を凌駕してくれます。それだけでなく、全体的にレトロな雰囲気があり、みんな不器用で、もがいて、苦しんで、でも美しい、現代アニメにはない独特な作品です。

 

☆圧巻な演奏に酔い痺れたいあなたに

 

 

23 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

1話のエンディングの入りがずるすぎます。途中ギャグアニメに振り切ったかと思いきや、しっかり計算されたストーリーで笑いながら号泣してしまう作品です。ブレイク作品なので間違いないです。

 

☆懐かしい音楽に泣きたいあなたに

 

 

24 BLACK LAGOON

サラリーンマンがギャングの世界に入る話。世の大人はサラリーマンを扱った作品が大体好きなのでは。この非現実と現実が気持ちよく混ざる感覚が気持ちいいです。基本は1話完結で、毎回すかっと、かっこいいです。

 

☆スカッとしたいあなたに

 

 

25 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

この世にハガレンを生み出してくれて本当にありがとうございます。原作を忠実に再現した完璧なアニメ化です。これほどストーリーが重厚で、無駄のない物語は他にないのでは。キャラクターもそれぞれにストーリーがしっかり設定されており、どのキャラにも愛着が持てます。個人的にはマスタング大佐が中二心を擽る最強キャラです。

 

☆最高のダークファンタジーを求めるあなたに

 

 

26 花咲くいろは

お仕事シリーズの第一弾。他には、『SHIROBAKO』、『サクラクエスト』があるが、この『花咲くいろは』は特にストーリーがしっかりしており、もちろん男でも楽しめる作品です。ストーリはシンプルで旅館で働くことになった女の子の話ですが、主人公の明るさにこちらまで元気をもらえます。

 

☆元気をもらいたいあなたに

 

 

27 僕だけがいない街

タイムスリップものです。私はパワレルワールドやタイムスリップといった時空間を扱ったテーマにめっぽう弱いです。1クールでここまで構成が素晴らしい作品は他にない気がします。間髪入れずに暇な休日に1日で見切ってください。お願いします。

 

☆時空間ものが好きなあなたに

 

 

28 マクロスF

マクロスシリーズの1つ。シリーズ通して最も人気が高いのがこのフロンティアです。ジャンルはロボットになりますが、とにかく音楽が素晴らしい。音楽をテーマに扱った作品では質、量ともに他の追従を許さないでしょう。あと、絵が綺麗です。ちなみに私はシェリル派。

 

☆昔ビアンカとフローラで迷ったあなたに

 

 

29 東のエデン

東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]

東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]

 

ジャンルはサスペンス。前半の伏線の張り方と盛り上がりは評価するしかないです。後半は少し息切れはしますが、それでも十分に素晴らしい構成です。是非、映画まで観ましょう。

 

☆謎めいたストーリーが好きなあなたに

 

 

30 廻るピングドラム

生存戦略しましょうか。社会派の抽象的ストーリーの作品です。雰囲気を楽しむも良し、様々なサイトで考察を観てから観るも良し。哲学とか好きな人がはまると思います。ペンギンが可愛いです。

 

☆哲学な好きなあなたに

 

 

31 攻殻機動隊

名作中の名作。攻殻機動隊ってアニメ版と劇場版があるのですが、アニメ版の時系列は『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』、『攻殻機動隊 Solid State Society』の順番になります。これではまったら、他の作品や劇場版にも手を出しましょう。と言っても、スタンドアローンを観終わる頃に攻殻機動隊の虜になっていると思いますがね。

 

☆近未来と人間ドラマを観たいあなたに

 

 

32 灰羽連盟

灰羽連盟 TV-BOX [DVD]

灰羽連盟 TV-BOX [DVD]

 

重いです。ひたすら重いです。ギャグも恋愛もアクションも萌えもなんの要素も持たない作品です。ただ独特な世界観がある。こういった作品こそアニメでしか表現できないと思うので、是非観てほしいです。

 

☆どんでん返しに泣きたいあなたに

 

 

33 忘念のザムド

よく言われるのですが、エウレカジブリを足して割ったような作品です。ストーリーは抽象的な部分が多いので、答えを求めて観ると消化不良で終わる可能性が高いです。そのため、エウレカが好きで雰囲気を楽しめる人にはおすすめです。あとOP、EDが抜群にかっこいいです。

 

エウレカジブリが好きなあなたに

 

 

34 DEATH NOTE

デスノートはやっぱり面白いです。原作が抜群に面白いですが、アニメも原作の良さをよく表現しています。繰り広げられる頭脳戦に引き込まれます。原作未読でも十分に楽しめます。

 

☆頭脳戦を観たいあなたに

 

 

35 新世紀エヴァンゲリオン

実はあまり好きな作品ではなく、観るのが苦しい作品でした。ただ、最終回まで観終わったあとのモヤモヤと気持ち悪い感覚はさすがです。熱狂的なファンが多い作品なのであまり期待しすぎて観るとそのギャップに苦しくなる。謎めいた独特な雰囲気をただ感じつつ、不気味な終わり方をただ感じる。それがエヴァだと思っています。

 

☆有名作品をいいかげん観たいあなたに

 

 

36 C  The Money of Soul and Possibility Control

お金という身近なテーマを扱っていながらも他に同様な作品がない珍しい作品。1クールという短く完結しているため、少し物足りないが、大人はこういったテーマが大好き。なにも考えずに、観てみるといいです。

 

☆お金が大好きなあなたに

 

 

37 コードギアス

アニメ史上これ以上の作品は出てこないと入れている覇権作品。ジャンルで言うとロボットになるのだろうが、ロボットアニメという枠に収まらない最高のストーリー構成。黙って2期までちゃんと観てほしいです。サスペンス、戦争、恋愛、友情、戦闘さまざまジャンルにおいて最高水準といえるが、ただどうしても好きになれないのがキャラデザイン。ここだけ、なんとかしてほしかったです。

 

☆眠れない夜を経験したいあなたに

 

 

38 PSYCHO-PASS

攻殻機動隊とよく比較されるけど、比較すること自体がナンセンスです。攻殻機動隊サイコパスもどちらも最高に面白い。ジャンルはサスペンスで、とにかく世界観がいい。SF、社会派が好きな人には最高の1作になるはずです。

 

☆正義とはなにかを考えたいあなたに

 

 

39 ヒカルの碁

碁を世に広く広めた作品。ほったゆみさんの原作は本当に面白い。碁のルールなんてわからなくても全く問題なし。現代と平安時代という時空を扱った設定に、主人公の成長を描く物語。そして友情。これほど熱い気持ちになって、号泣する作品を他に知らない。子供時代にこれほど1つのことに打ち込めるものに出会えなかった自分が悔しくなる、そんな作品です。

 

☆なにかに熱中していた子供時代にトリップしたいあなたに

 

 

40 魔法少女まどか☆マドカ

最後の作品の紹介です。アニメ界に激震をもたらした作品。前半はただの魔法少女の話で、戦闘シーンを丁寧に描いた作品だなあ、というのが印象だったか、中盤でストーリが激変する。この構成は本当にすごい。魔法少女の概念を根底からぶっ潰した、1つの時代を変えた、そんな作品です。

 

魔法少女なんて、、と思っているあなたに

 

 

 

いかがだったでしょうか。趣向の近い方がいたら是非飲み明かしたいものです。

 

また、アニメの評価基準としてもう1つ「脳みそ空っぽにして純粋に観ていて面白いかどうか」という基準で選定したアニメも別記事にしたいと思います。

 

以上

キャンプを最高に楽しむための初期装備のススメ

どうも、レモンです。

 

春から冬まで1年中通してキャンプをしています。キャンプって本当に楽しいんですよ。森を走り回ってカブトムシに興奮していた子供時代の延長線上がキャンプだと思っています。

 

大人になってから初めてのキャンプは、真冬の雪が積もるサイトで男3人でしたキャンプでした、軽自動車に小さなテント1つと毛布を大量に詰め込み、焚き火台はないからそこら辺の木を拾って直火、チェアーもなかったためスーパーからもらったダンボールを地面に直敷き、料理は100均の鍋と紙皿紙コップ。どっからどう見て浮浪者の集まりみたいなキャンプみたいでした。でも、テントで凍えそうになりながら笑いあったのはいい思い出です。

 

少ない装備でバカやるのも楽しいですが、やっぱり最低限の装備を揃えたほうがキャンプは絶対に楽しいです。

 

ちなみに、今回紹介する装備は基本的には友人4人でのキャンプを想定しています。もしも、夫婦や家族でのキャンプであればより快適に過ごすため、必要な装備は増えると思います。あくまで友人とキャンプを始める第一歩の提案です。

 

 

1 テント

キャンプをする上で絶対無二の存在。ドラゴンボールで言えば悟空、ハンターハンターでいえばゴンさん、いちご100%でいえば西野、的な存在です。テントなくしてキャンプは始まりません。でも、テントって高いんですよね。スノーピークとかコールマンとかかっこいいブランドのテントがほしい気持ちは分かるのですが、まずは贅沢はいわずにAmazonなどでアンダー10,000円程度の安いテントを買いましょう。それでも十分すぎるほど使えます。ハマるかもわからない遊びにあまりイニシャルコストはかけられないですからね。

 

 

2 グランドシート

地面の結露からテントがびしょびしょになるのを防ぎます。キャンプを始めた頃は利用していなかったのですが、湿気で地面が濡れることはかなり気持ち悪いですし、安価なので最初から用意してしまうといいです。1,500円。

ロゴス ぴったりグランドシート270

ロゴス ぴったりグランドシート270

 

 

 

3 シェラフ

個人的にはキャンプは夏よりも、「ちょっと肌寒いなあ」、「夜になるとけっこう冷えるなあ」っていう季節にやるのが至高です。焚き火で暖をとりながら、最高の友人との他愛もない会話とうまい料理をつまみに、旨い酒を飲む。これだけで最高です。というわけで寒い季節ともなるとやはり寝袋は必須になります。ただ、登山に行くわけでもないので、安い3,000円くらいもので十分です。Amazonでいくらでもあります。もし、冬の激寒の季節にキャンプするにしても3,000円の寝袋と毛布があれば十分乗り切れます。

 

 

4 焚き火台

ユニフレームのファイアグリル1択です。これほどコスパに優れた製品はないです。本当にありがとうございます。

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

 

 「焚き火台ってなにに使うだよ、男は黙って直火だろ」って思うかもしれないですが、基本的にオーキャンプ場は生態系保護のため直火は禁止されている所が多いです。場合によっては直火OKなサイトを探して直火を楽しむこともあるのですが、キャンプの1つの醍醐味として焚き火という最強の遊びがあって、焚き火をする上で焚き火台はあった方がベターです。7,000円。

 

 

5 バーナー

 5,000円程とちょっと高めですが、あるとめちゃくちゃ便利です。火起こしでも活躍し、炭を数個バーナーで炙っていればほっておいても間違いなく火はつきます。あと、ちょっとコーヒーを飲むための湯沸かしや、料理の際にもう1つ熱源がほしい時など、万能に活躍してくれます。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

 

 

 

6 ランタン

部屋用と外用に2個あると便利です。ガスランタンはビジュアルでは半端ないですが、めんどくさいのと危ないので、LEDが楽ちんで明るいです。3,000円×2個。 (ちなみに1個でも全く問題ないです)

 

 

7 チェアー

必須です。ダンボールを敷いてあぐらをかいていた時代とは快適度レベルは月とスッポンです。シベリアハスキーとテントウムシくらい差があります。これもかっこいいブランドのものはおしゃれで購買欲が爆発しそうになるのですが高いんですよ。1脚1万円で4人分用意するとなるとチェアーだけで4万円ですからね。これもAmazonとかで2,000円程度の安いものを選びましょう。耐久度的な意味でいえば全く問題はないですし、ビジュアルも選べば別に悪くありません。

 

 

8 タープ

まずはいらないという人もいるかもしれないですが、なんだかんだ必須だと思います。雨よけ、日よけ、風よけ、目線よけ、キャンプっぽさの演出、写真映え、など実用的な面から、キャンプしてるぜ感を高める面まで、あると非常に重宝します。こちらもあまり高いものを選ぶとコストがかかるため、Amazonでアンダー1万円のものを選びましょう。探せばけっこうおしゃれで頑丈なものも多いです。

 

 

9 ペグ

タープに関連するのですが、付属品のペグはしょぼすぎます。タープを張ったのはいいが、風で吹き飛ぶなんてことがあった際には、モチベーションは南米まで降下します。そのため、タープ用にペグはいいものを購入しましょう。下記がおすすめです。3,000円。

 

 

10 マグカップ

こちらも必須です。紙コップなんて味気なさすぎです。焚き火でなにも考えずに火を眺め、飲み物を温めて、啜る。ウーロン茶でも、日本酒でも、ウイスキーでもなんでもいいんです。ただただ、火を感じる上で、ステンレスのマグがあると実用性も雰囲気も最高です。安いものであれば500円程度からあります。スノーピークでも2,000円ほどです。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

 

 

 

11 食器類

食器もあったほうがいいです。コップ同様に紙皿では味気ないですし、風とかですぐ吹き飛びます。キャンプにはやっぱり実用性とビジャル面を考慮してステンレス製品がグッドですので、下記なんかがおすすめです。4,000円。

 

 

合計

というわけで、合計してみますと74,500円になりました。4人で割り勘すると1人当たり、20,000円弱になります。但し、ランタンを2個用意したり、タープは実際10,000円もかからなかったり、マグもスノーピークを選択していたりと、実際にはもっと費用は削れるので1人15,000円くらいになる気がします。

 

テント:10,000円、グランドシシート:1,500円、シェラフ:3,000円×4人分、焚き火台:7,000円、バーナー:5,000円、チェアー:2,000円×4人分、ランタン:3,000円×2個、タープ:10,000円、ペグ:3,000円、マグ:2,000円×4人分、食器類:4,000円

 

 

 

キャンプの魅力にハマってしまったら、少しずつお気に入りの装備を揃えていけばいいです。

 

 

それでは素敵なキャンプライフを。あなたの生活に自然を。

 

以上

偏差値30台の工業高校卒が半年でTOEIC730点を突破した勉強方法

どうも、レモンです。

 

私は願書を書けば誰でも入学できるような工業高校を卒業しました。大学は高校時代に取得した資格の1つで推薦の受講資格を得ることができ、中堅私立の文系に文転したわけですが。

 

そのため、正確にいえば、当時の学力だけで言えば偏差値40くらいはあったはずですが、家から一番近くて、ブレザーがかっこよかったからという涙が出るような理由で高校を選択したような人間です。

 

しかも、入学してから「学ランの方がかっこいいやないかい」と気づいた時には救いようがありません。

 

なにはともあれ、工業高校という所は、世間一般で言う国語、数学、歴史などの科目は本当に基礎的な部分しか学ばず、旋盤、溶接や製図などの実習科目の方が圧倒的に多いです。

 

もちろん、英語の授業なんてあってないようなものでした。いかにイカした発音を授業で決めるかを競って遊んでいたような所です。

 

その為、大学に入学して初めて受けたTOEICでは300点という95%は勘で叩き込んだような点数でした。

 

ですが、そんな私でも大学3年時には半年間の勉強の末、730点を突破することができました。

 

今でこそ仕事で英語をわりと普通に使う環境にいるので、昔よりもずっと英語の能力は向上していますが、TOEIC700点というと、英語を不自由なく扱えるレベル人にとっては、めちゃくちゃ簡単で、なんとか頑張ればコミュニケーションをとれるレベルの人であれば、決して高い目標ではなく、英語ってなにその美味しいのレベルの人にとっては、ウォールマリアくらい高い壁に感じる点数です。

 

でも大丈夫。TOEICで点数を取るだけなら、ちゃんと英語を勉強してこなかった人でも勉強すればある程度(800点弱)まではなんとかなります。

 

但し、今回紹介する戦略は時間の限られている社会人にはほぼ不可能であり、基本的には大学生向けの戦略になります。 

 

 

早速ですが、下記5ステップに基づいた戦略になっています。「えー、5つもあるのかよ」と思うかもしれないですが、大丈夫、やることはずっとシンプルです。

 

  1. 短期決戦で全精力をTOEICに投資すると腹をくくる
  2. 目的を作る
  3. 初歩の初歩の文法を覚える
  4. DUOを暗記する
  5. 公式問題集(模擬問題集含む)10回分をひたすら繰り返す

 

スケジュール感で言えば、大体こんな感じです。

 

f:id:lemolog:20170725193433p:plain

 

 

1. 短期決戦で全精力をTOEICに投資すると腹をくくる

まずは、メンタルの話。

具体的な勉強方法よりもメンタルの部分の方がずっと大事です、実は。

 

これだけ簡単にネットにアクセスできる時代になると、勉強を始める前にネットで勉強方法とかを検索すると、「TOEIC 簡単」みたいな予測変換が大量に現れるので、ネットの現実とリアルの現実のギャップに自滅してしまう。

 

勘違いしないでほしいのが、英語を全く勉強しなかった人間が片手間で勉強して突破できるほどTOEICは甘くないです。

 

そのため、まず最も大切なことはTOEICのために時間を投資すると腹をくくること。具体的な時間でいえば1,000時間。1,000時間あればいけます。

 

ただ、もしも平日は1時間、休日には2時間の2年間計画を立てたとすると、日数換算で、だいたい下記な感じになって1,000時間になるります、が、

 

 平日:530日 * 1時間 = 530時間

 休日:200日 * 2時間 = 400時間

 

断言しましょう、まず無理です。

 

2年間もモチベーションを保ちながら、昔好きでもなかった英語の勉強をするなんて並に人間にはできないです。もし、それだけのモチベーション維持と精神力があれば、もっとずっと前に才能の芽が出ているはずです。

 

だから、半年間の短期決戦を計画し、TOEIC以外はなにもしないくらいと腹をくくることが大事です。並の人では半年間がモチベーションを保つ限界だと思うので。

 

その為、平日休日関係なく、毎日最低6時間は勉強に投資する。

 

もちろん、友達となんて遊んでいられない、場合にはよってはバイトだってしている時間もないかもしれないです。

 

でも、たった半年。大学生であれば4年間の内のたった半年です。この半年が今後の人生を変える大きな力になる可能性は高いです。

 

あと大事なことは「TOEICの勉強をすること」です。これまた、ネットを見ていると、TOEICのためだけに勉強するなんてもったいない、もしくは意味がない、っていうようなモチベーションを蹴っ飛ばす情報が大量に出回っていますが、惑わされないでほしいです。

 

大学生にもなってTOEIC300点台の人が、楽しみながら英語を勉強して、英語を扱えるようなレベルになるなんて稀で、この半年は下積み時代と割り切ってしまったほうがいいです。

 

なによりもTOEICは、英語の土台を築く上で決して変な方向は向いていないし、スコアという目標を設定しやすいというメリットもあり、社会的にも能力を示す効力まで持ちます。

 

日常生活で英語をアウトプットする環境もないにも関わらず、喋るための英語を学ぶのは非効率で、まずは死に物狂いでTOEICを勉強して、その後に伸ばしたい能力の方向に舵切りをすればいいです。

 

 

2. 目的を作る

続いてもメンタルの話。

 

英語を学ぶ意味もないのに英語を学ぶ必要がないとよく聞きますが、これは社会人にとっては当てはまりますが、大学生、特に文系の学生には当てはらまないです。英語ほど学びやすく、費用対効果が大きく、社会的にも評価される能力はたぶん他にはないです。

 

だから英語を学ぶ目的を無理やりでも作り出して、勉強を始める必要があります。ここが曖昧だとたとえ半年間でもモチベーションが保てないです。

 

私の場合は、1年間休学して海外放浪をしたかったので、ただですら中堅私立の文系なのに、1年間の休学というマイナス要素が加わると就活で恐ろしく不利になるため、保険としてTOEIC730を取る、でした。

 

おそらく、これまで英語の勉強をしてこなかった人が、英語を使わなければいけない環境にいるわけでもないのに、勉強する理由付けをするのはたぶんかなり難しいです。

 

その為、学生であれば海外留学を決めてしまって、そのための目標としてしまうのが一番いいと思いますが、これも結構ハードルが高いので、もはや就活のためと割り切ってしまうのが一番いいかと。

 

というか、学生の中で、文系で、自分を表現する上でなんもねえわ、って人はTOEIC730くらいはないと、就活では本当に詰みます。なんだかんだいって、ファーストキャリアとして大企業っていうのは決して悪くない選択だと思っています。

 

たとえ英語を使わない仕事に就きたいとしても、英語ができる奴というイメージやポジションは働き始めるとなにかと都合がよかったりもします。

 

というわけで、腹をくくったあとは、無理矢理でも英語を学ぶ目的を作る。

 

 

3. 初歩の初歩の文法を覚える

ここからが具体的な勉強法です。

 

基本的(※)に使う教材は『TOEIC(R)TEST文法完全攻略』の一冊です。 

TOEIC(R)TEST文法完全攻略 (アスカカルチャー)

TOEIC(R)TEST文法完全攻略 (アスカカルチャー)

 

 

※もう一冊補助で使うなら『一億人の英文法』がおすすめ。私は仕事で英語を使うようになってから読んだんですが、基礎文法を学ぶ上でおすすめする超有名な一冊です。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

まずは、ざっと1周通しで読む。確かめの問題は飛ばす。無理に覚えようとはせずに、どんな文法を覚えなければいけないのか全体像を把握することが目的です。

 

2周目からが本番で、じっくりと読みながら、問題を解いていく。間違えた問題には適当に印をつけておく。また、解答に自信がない問題にも同様な印をつけておく。

 

そして3週目も再度じっくり読みながら、理解できない文法については理解できるまで読み込む。同時に、印をつけた問題を理解できるまで解き直す。

 

3週してもまだ自信がなければもう1周する。それ以降は、後に問題集を解いていく中で分からなかった文法の辞書代わりにします。

 

あくまでTOEICでスコアを上げることが目的なので、FORESTなどの大学受験レベルの文法書に手を出す必要はないです。あくまで730点であれば、この1冊に網羅されているレベルで十分です。

 

上記を1週間以内に完了させる。

 

 

4. DUOを暗記する

使う教材は『DUO 3.0』の1冊のみ。 

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 

単語についてはTOEICに特化した単語帳を使用してもいいのですが、それは後の問題集の中で覚えていくので、まずはDUOを選択するのが吉です。

 

DUOが優れている点は語彙力の強化だけでなく、文法、リスニングを強化する上で役に立つからです。

 

個人差がありますが、自信の経験上から下記に則り学習を進めることを推奨します。期間は1.5ヶ月で完了が目標。

 

1日1セクションと決めてしまうよりも、1日で出来る限り進め、2日目には1日目の続きからまた出来るだけ進める。これを繰り返していき、まずは1周を終わらせる。

 

1日目に10ページ進めたら、2日目は1日目の10ページ+次の10ページ、3日目には1日目と2日目の合計20ページ+次の10ページというような復習積み上げ方式もありますが、これだと1冊がなかなか終わらずにモチベーションを保つのがかなりきついです。

 

その為、ごりごりと進めながら、まずは1周を終わらせ、そして、スピードを加速させながら2周、3周と繰り返していき、おそらく15周程する頃には8割くらいは暗記してしまっていると思います。

 

具体的な、1ページ毎の進め方は、

 

  1. 英文の和訳 
    ⇛文法の精読を行い、文法構造を理解した上で訳す。

  2. 単語の意味の確認
    ⇛無理せずに見出し語だけを覚える。

  3. 英文の音読 
    ⇛10回を目処に口が馴染むまで音読する。この時文法構造を意識しながら音読する。

  4.  和文を見て瞬間で英訳できるレベルまでにする
    ⇛週間英作文という方法で、和文を見て一瞬で英文にする。和訳と英訳の両方をやることで記憶の定着化を図る。

ここまでが、1英文の進め方。上記1.~4.を1ページ分繰り返し、1ページが終わった時点で、頭の英文に戻り、通しで瞬間英作文を行う。詰まってしまった英文には印をつけておき、また10回ほど音読し、口に馴染ませる。この段階では無理に暗記しようとしなくていいです。たぶん挫折してしまうため、早急に1周を回し、暗記すべき対象の全体像をあらわにしてしまいましょう。

 

2周目以降は、記憶に残っている英文の音読は徐々に回数を減らしていきます。おそらく5周くらいすると、完全に暗記した英文が出て来るので、そうなった印のつけた英文を集中的に繰り返します。

 

あと、大事になるのが、電車に乗る時などの移動時間、空き時間には欠かさず復習用CDのリスニングを行い、ぶつぶつとシャドーイングを行うようにしましょう。電車とかでやると変人ですが、ここはうまいこと端っことかでぶつぶつ星人になりましょう。音読だけを行っていると、発音、英語のリズムやリエゾンが学べないので、CDは音読が追いついていない部分も含めて通しで何周もするといいです。

 

そして、8割くらい暗記するところまでを1.5ヶ月で行う。かなり大変ですが、単語暗記は短期間でないと間違いなく続かないので、ここが踏ん張り所です。

 

可能であれば完璧に暗記することが理想ですが、目標はあくまで730点突破の為、DUO完全暗記にそこまで執着する必要はなく、最低限8割りといったところです。

 

 

5. 公式問題集(模擬問題集含む)10回分をひたすら繰り返す

730点を突破するくらいであれば、公式(模擬)題集をひたすら繰り返すだけで大丈夫です。TOEIC教材を探していると、文法や単語に特化した書籍や、リスニング書籍などが公式から出ていますが、全部無視していいです。あれは高得点者が800点、900点を取るための対策書という位置付けのほうが大きいです。

 

現時点で勉強を初めてから2ヶ月が経過しているため、まずは1ヶ月かけて最新版の公式問題集をやりこみ、3ヶ月が経った時点で1度TOEICを受験しましょう。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

あくまで本番は6ヶ月後の試験ですが、TOEIC試験に慣れるという意味でも、モチベーション維持のためという意味でも、中間である3ヶ月目に一度受験をすることをおすすめします。

 

この時点でおそらく大幅に点数が伸びていると思いますが、伸びていなくても大丈です。まだTOEICの勉強を初めて1ヶ月しか経っていないので。結局の所、TOEICとは公式問題集をどれだけ繰り返したかの影響が大きいですから。ここから3ヶ月でさらにスコアは伸びます。

 

具体的な勉強方法としては、まずは1回分TOEICを普通に解きます。ここで大事なのは、きっちり2時間タイマーを使って試験さながらで解くこと。TOEICは集中力の試験でもあるので、初めて挑戦するTOEIC回は、試験さながらに取り組むこと。

 

そして終わっても解答を見てはいけない、そのまま答え合わせをせずに2周目に突入します。2周目は時間制限を設けずに、リスニングは何回聞き直してもよく、リーディングはどれだけでも時間を使ってもいいので、溶ける限り限界まで解きます。

 

2周目が終わってはじめて答え合わせをします。解答は細かく1文1文丁寧に文法を分解しながら、どこを、なぜ間違えたのかをしっかり理解すること。また、1周目と2周目で解答が違う場合には、どこを間違えたのかをよく理解すること。

 

また、リスニングパートのpart3とpart4は1英文レベルで精読を行った上で、DUOと同じように、音読と瞬間英作文を行う。移動時間などの時間はpart3とpart4のリスニングに全てを捧げること。part1とpart2はpart3とpart4が少しでも聞こえるようになれば、なんとなく聞こえるようになってきます。最低でも1日でリスニングしている時間を6時間は作ることが大事です。精読で文法分解した英文を、ただひたすらに何度もリスニングし、頭の中で文法構造を理解しながら和訳していく。余力があればシャドーイングもする。

 

そして、全体を通してわからなかった単語はあぶり出し、アプリでも、昔ながらの単語カードでもいいのでまとめ、いつでもどこでも単語を覚えられるようにします。

 

そして、3周、4周と繰り返していき、5周目くらいで満点がとれるようになっているはずです。

 

5周を目安に完了したら、2回目分TOEICも上記同様に着手します。

 

おそらく、1回分と2回分をそれぞれ5周したくらいで1ヶ月が経つので、タイミングで第1回目の受験をします。試験結果にあまり気持ちの浮き沈みはさせず、あと3ヶ月を頑張りましょう。 

 

 

1回目の受験が終わったら、ここからが本番です。公式問題集から優先して足りない分は模擬問題集を使い、最低10回分のTOEICを5周づつ繰り返します。

 

方法は最初の1ヶ月目と変わらないです。ただし、リスニングについては公式問題集を優先して音源を聞き続けた方がいいです。なぜなら読み上げる人が正式な試験も同じだからです。

 

単語もどんどんわからないものは蓄積し、空いた時間で覚えていきましょう。

 

10回分をこなす頃にはTOEICのパターンも分かってきて、単語もTOEIC出題傾向の単語はおおよそカバーされているはずです。

 

 

これを3ヶ月間死に物狂いで行い、半年間の戦略が終わりです。本当にお疲れ様でした。

 

あとは第2回のTOEICを受験し、結果を待つのみです。

 

おそらく730点は突破できていると思いますが、もしも未達であれば、苦手パート(この段階まで来れば自分でなにが苦手かが分かるようになります)を集中して勉強し、さくっと突破してしまいましょう。

 

正直な話、TOEIC700点を超えても決して流暢に英語を喋れるようになるわけではないし、英字新聞をすらすらと読めるレベルに達するわけでもないです。

 

ただし、半年前とは別世界が見えていると思います。あんなに高く感じたウォールマリアも近所の塀くらいになっていて、実はその壁の向こうには、またとてつもなく高い壁があることに気がつきます。

 

でもその頃にはきっと、少しは英語という言語を好きになっており、次のステップとしてなにがやりたいかがおぼろげながら見えてくると思います。

 

そして、自信に満ち溢れたあなたに出会えると思います。

 

 

それでは、検討を祈ります。 

 

 以上

初めての海外旅行でインドに行くとこうなる

どうも、レモンです。

 

私は学生時代に人生初めての海外でインドを1ヶ月間ぶらぶらしました。

 

私が1ヶ月間で訪れたルートは、

 

日本 ⇛ ニューデリー ⇛ バラナシ ⇛ アグラ ⇛ ジャイプール ⇛ ジョードプルジャイサルメールニューデリーダラムサラー ⇛ ニューデリー ⇛ 日本

 

です。

  

f:id:lemolog:20170724192039p:plain

 

「適当な感じの絵がいいですね」とか褒めて下さい。褒められて伸びて、天狗になって、最終的に見下すタイプのどうしもないやつです。 

 

 

ぶっちゃけ、北部とかいいながら、避暑地マナリーや、ヨガの聖地リシュケシュ、冬は道路が封鎖されるラダックの中心地レー、などロリ巨乳くらい魅力が爆発している街がたくさんあるわけですが、行ってません。とういうか時間がなくて行けませんでした。

 

ちなみに南部もまったく行っていないので、実際インドの何分一かしか知らないわけですけどね。

 

ただ、いまとなっては、たった1ヶ月でしたけど、当時海外を一度を訪れたこともない私が、1ヶ月間を一人で見知らぬ国、しかもインドを放浪するというのは、途方もない挑戦であり、冒険でした。

 

小学生だったら、隣の県まで自転車で一人で行くくらい。

中学生だったら、校舎裏に好きな女子を呼び出すくらい。

 

だいたいなそんな感じだったわけです。 

 

 

 

インド行きの朝、初めての海外に、期待:不安=2:98くらいで、足が震度2くらい震えていたわけですが、普段あまり話さない母親に、ちゃんと目を見て「行ってきます」を中学生ぶりくらいに言いました。

 

 

空港でニューデリー行きのフライトを待っていると、100mくらい離れた所だったかな、20歳くらいの女の子が号泣しながら、おばさんに慰められていたことに気がついたんですよ。

 

二人の話を盗み聞きしていると(盗み聞き、だめ、絶対)、

 

「他県に住む友達とインド現地で集合する予定であったが、当日になって友達からやっぱり行きたくないと連絡があった。もちろん航空券も買ってしまって、あと1時間後には飛行機が来てしまう為、一人で行くかどうするべきか悩んで、途方に暮れて泣きじゃくっていた。」

 

どうやら、だいたいそんな感じの出来事のようだ。

 

正直、「いやいやいやいや、友達いいいいいいいいいいい」ってのが最初の印象ですが、それぐらいインドという国はインパクトがあるんですよ。

 

無事にデリーの空港に到着すると、事前にゲストハウスまでの道を予約していたタクシーの運転者が待っていて、これが私の人生で初めて外国の方とまともにコミュニケーションを図った初めての経験であり、英語とは「学問」ではなく、「ことば」なのだと知った貴重な経験です。

 

 

実際には、まったく聞き取れなかったので97%くらいは苦笑いでやり過ごしましたが。

 

  

そして、無事に宿に到着したのですが、突然タクシーの運転手に英語でなにかをまくしたてられて、得意の苦笑いでやり過ごしていたのですが、次第に、チップを要求していることが分かり、現地通貨に両替をしていなかった私は、銀色と加工技術が詰まっていそうなビジュアル勝負の50円玉を恐る恐る渡したら、ブチ切れられるというしょっぱすぎる出来事からインド旅が始まりました。

 

 

アグラのタージ・マハルで急激に腹が痛くなりトイレを詰まらせて破壊したり、ジャイサルメールの1泊2日の砂漠ツアーでラクダに逃げられたり、デリーの風俗を冷やかして見学していたら拉致しかけられたり、ダラムサラでチベッタンの人柄、食事、文化に泣いたり、色々あったんですけど、インドといったらバラナシですよ。

 

インドを知る上で間違いなく欠かすことのできない街、それがバラナシです。

 

人が生まれ、人が死んでいく、そんな人間の人生を強烈に感じる街。

 

街中から漂う排泄物の臭いと、半端ない牛の数。

商売っ気に溢れたパワフルなインド人たちの群衆。

優先という言葉を知らない文化が生み出す尋常でない交通渋滞。

 

ガンジス川では子供が無邪気に遊び、大人は入浴をしたり洗濯をしていたり、おいおい生活感丸出しかよとか思っていたら、川では死体が普通に流れていたり。

 

ふと、横を見てみたら、川岸では葬式が行われ、骨が焼かれていたり。

 

でも、ガンジス川に登る朝日は感動してしまうくらい美しかったり。

 

ここをカオスと呼ばずに、どこをカオスと呼ぶ。

 

 

どこを観光するわけでもなく、ガンジス川の川岸に腰を降ろして、なにもせずにぼーっと甘ったるいチャイを飲んでると、どこか落ち着いて、日常と非日常がぐっちゃぐちゃになって強烈に生きていることを実感する。

 

 

なぜかよくわからないけど、何食わぬ顔で見知らぬおっさんが隣でチャイ飲みだしたりするけど、それも一興。

 

そんな街。

 

 

何年経った今でも、インドを旅していた時の記憶は鮮明で、私の人生を支えてくれています。ネタ的な意味でも、アイディティ的な意味でも。

 

 

そして気付いたら他の世界も見たくなって休学していました。

 

以上

10代のうちにインドは経験しておくと良い

どうも、レモンです。

 

早速ですが、インドへ行ったことありますか。

私はありません。

 

嘘です、あります。

 

20歳の誕生日を迎える直前の大学2年の冬休みに、1ヶ月間かけて一人でインド北部を放浪しました。いわゆるバックパッカーってやつです。

 

ちなみにそれが私の人生で初めての海外経験でした。

 

巷では、「インドに行くと人生観変わる」なんていう耳障りのいいフレーズがありますが、そこまでおおげさなことを言うつもりはありません。

 

ただ、19歳でインドを一人で放浪した経験が、その後の私の人生の方向を120度くらい変えたのは疑いようもないです。

中学校の廊下で遠くに元彼女が見えて、全く用事もないのにトイレに逃げ込んでしまうくらいの方向転換です。

 

それぐらい若い内の一人での海外経験、特に「宗教、衛生、食事、習慣、言語、建物、安全、動物、匂い、空気感、そこで暮らす人々」などのあらゆることが日本とは正反対に近い国の海外滞在経験は、その人の人間性を形成する上で、非常に大きな影響を与えると思っています。

 

私がいままでに訪れた国の数は30カ国くらいですが、その中でもインドという国はずば抜けてぶっ飛んでいます。

 

常識ってなんだったの、この人たちなんなの、ってなるなんてざらです。

 

 

 

まず、時間通りに物事がいくことなんてまずない。

 

公共の交通手段ですら時間通りに到着もしないし、出発もしない。

ただただひたすら待ちぼうけです。

 

でもそれもなぜか慣れてくると、気ままな感じがして悪くないです。

 

 

 

そして、汚い。ひたすらに汚いし、臭い。

 

日本なんて「おやおや、ちょっと臭うぞ」なんて路地裏の小便スポットくらいじゃないですか。

もう街中です。

 

どこを歩いても、人間と動物と排水物とスパイスとほこりとありとあらゆるものが混じって臭いがして、インド上空にはなにか違う空気が覆ってるじゃないかというくらい。

 

 

 

そして、商品に定価という概念がたぶんない。

 

普通の国であれば商品には定価が決まっていて、対価として通貨を交換する。

これが至極当たり前のことですが、インドでは値切りという行為が当たり前です。

 

「あなたがそのモノにそれだけ価値を見出したんでしょ」と言わんばかりのシステムです。

 

 

 

そして、どこの人もじろじろ見てくるし、10歩歩くと声をかけられる。

 

声をかけてくるのはほとんどが商人か詐欺師だと思いますが、どんだけ声かけてくるんだよ、もうほっておいてください、ってなります。

 

街中でガイドブックなんて開いた日には、ちょっとしかパーティー並に人集りができます。

 

 

 

そして、カレーがまずい。

インドってカレーの国じゃないのかよ、ってつっこみたくなるくらいおいしくない。

でも天然のスパイスだけで作られていて、人が本来口にするのはこういうものだと気づく。

 

ただ、腹は壊す。

タージ・マハルの外の公園のトイレの1つを詰まらせたのは私です。

 

 

 

トイレットペーパーはない。

まず間違いなくない。

ハンドウォッシュ万歳だ。

 

 

 

人によって言うことが適当。

 

デリーからダラムサラー行きのバスで、夜にデリーのよくわからないバス亭で降ろされて、「そこで待っていれば乗り換えのバスが来るから」と言われたから1時間くらい待っていたが、全く来ない。

 

不安で死にそうで、周りの人に捨てられた子猫状態で声をかけまくったら、すでにそのバスは出発していたことが判明。

声をかけたたぶんバス会社の人が、そのバスをどこかで止めてくれて、車でバスを追いかけてくれて、なんとか追いついたのはいいが、バスが理由もなく止められて無駄に待たされた欧米系の観光客に、「こいつらかよ、バスを止めてたのは」って感じで見られたのはいい思い出。

 

 

 

インドで出会う日本人は変わった人が多い。

 

デリーでは日本人ゲストハウスを利用していたが、世の中には変わった人がたくさんいることに気づく。特に学生ではすごく賢い人が多くて、いかに自分が小さなコミュニティで生きていたかを痛感する。

 

 

 

地域によって人柄が異なる。

 

チベットの亡命社会の中心地ダラムサラーはもはやインドとは別。もはや天国。まず、飯がうまい。そして人がシャイで優しい。

 

チベットという国に興味を持ち、世界のことにさらに興味が広がる。

 

 

 

 若い内に自分の目で見て、肌で感じてほしい。

 

 

空港を降りた瞬間に感じるスパイスの匂い、肌にへばりつくような熱風、どこか憎らしく可愛らしいインド人の顔、おいしくないインドカレー、街中の牛の数、汚い街並み、息を飲むような景色、騙された時の悔しさ、安くモノが買えたときの喜び、移動の大変さ、出会ったことのないような人との出会い、物事は都合良くはいかないということ、ゆっくり生きことの素晴らしさ、日本という国の異常さ。

 

 

そこからなにかを学ぼうとか、そんなたいそうなことは考えなくていいから、ただただ感じてほしい。

 

情報で溢れた社会だからこそ、めんどくさがらずにその一歩をその目線を遠くに向けてほしい。

 

そしたら、きっと見たこともない景色に泣き、感じたこともない憎しみと喜びを感じ、いま生きていることの素晴らしさをきっと感じることができるはずです。

 

 

 

 

ただ、「またインドに行きたいか」と聞かれれば、間違いなく「いや、いいや」と答えるだろう。

 

だっておいしいもの食べたいもん。

 

以上

暇な休日の男二人旅のすすめ

どうも、レモンです。

社会人の男性皆さん、お仕事お疲れ様です。


仕事でのストレスを発散するための断固たる趣味があればいいですが、
ほとんどの方は特にないのではないでしょうか。

休日には、寝れるだけ寝て、目が覚めたらカーテンも開けずにネットサーフィン。
昼飯を買いに行くためにコンビニに行って、あとはひたすらアニメ。
時折暇すぎて早く時間経たないかなあ、なんて思ってまたネットサーフィンしてたら、夜になってて悶絶する。


そう、僕のことです。
本当にありがとうございます。


基本的には、ひきこもり気質なので一人で過ごすことは苦痛ではないですが、
むしろ、休みの日くらい誰とも合わずに気楽にやりたい派です。


ただ、たまにどうしようもなく、ベットの上でのたうち回るくらい、
人と喋りたい時がやって来ます。


そんなきには、数少ない友人に、「暇です、救って下さい」と連絡をするものの、
三人集まらなかったら、なんとなくあやふやになって、結局めんどくさくなって、
「まあ、また今度にしよか」なんてこともざらです。


だって、いまさら男二人で特に話すこともないし、
最低限会話を弾ませるために三人はほしいと思っちゃうじゃないですか。


そんなときですよ、男二人旅ですよ。


なにが悲しくて男二人で旅行なんぞ行かないといけないだ、と思ったでしょう。


わかります。
初対面の人とふいに二人きりになってしまったときに、
「いやー、いい天気ですねー」ってとりあえず言っちゃうくらい、わかります。


ただ、社会人の男性方々に、休日の遊びの1つとして男二人旅を提案したいです。


ただ、旅といいつつもコンセプトはいたってシンプルで、


いつもの居酒屋でだらだらと時間と金を浪費するくらいなら、近場の民宿へ1泊2日で飲みにいけ、


以上である。



コストの面でいっても、居酒屋で2軒も梯子すれば6,000円くらいは飛ぶので、
民宿の朝夕食事付き10,000円くらいのプランを予約すれば、そこまで大きな差はないはずです。



さすがにお昼を過ぎてしまうと宿側も夕食の準備とかがあるので予約は難しくなりそうですが、
当日の午前中とかであれば、「じゃらん」とかで当日予約できる宿はいくらでもあります。


近場のしょぼめな観光地とかって、住んでるとあえて訪れようなんてほとんど思わないので、
車で50~100kmくらい走って到着できるくらいの場所を選ぶといいです。


つまりは、家にひきこもっていてもやることもないし、
ドライブがてら、うまいもの食べて、うまい酒飲んで、そのまま寝てしまおうぜと、
こういうことである。


ここで、大事になるのが、旅自体に期待意識を持ってしまったり、目的意識を持たないことです。


社会人ともなって仕事をしていると、休日がすごく貴重な時間になってきます。

そうなると、せっかくの休日で、せっかく旅行に来たのだから、
観光しなくては、とか、なるべく部屋にいてはいけない、
みたいな謎の強迫観念みたいものを持ってしまう人ばかりだと思うので、


心を鬼にして、心が欲しがっていることを、欲しがっているままにさせてあげるのです。


もはや、それはいってしまえば、自分の部屋をただ民宿に移しただけのいつも休日みたいな感じです。

だから、宿から一歩も出ずに、コンビニでビール買ってきて、テレビつけっぱなしで、ネットサーフィンだけしてもいいんです。


それでいいーんです。



お金のない学生ではできない、むしろ学生ではあまり楽しさが理解できない。

お金があるが、なかなか休みがとれず、Facebookで友達の結婚報告を見てしゅんとしている、
そんな社会人だからこそ、楽しさと、心の開放を享受できる遊びなのです。



夜にはなにもしなくても、おいしい夕食が出てきて、うまい地酒でも飲みながら、
普段なら同じような話を何度もしている友人とちょっとまじめな話をしてみたり、
アニメの話を語り尽くしたり、はたまた漠然とした夢を語ってしまってもいいんです。


男同士で人数が集まると、一部の声の大きな人が場を回し、
なんとなくその居心地のいい空間をつまみに酒を飲んでいても許されるものの、
二人という環境ではそれを許してはくれません。


二人で話題を模索しながら、会話を続けなれば、
気まずさのあまり顔を見ることもできない状態になってしまいます。


それが、二人の関係を深めるいい時間になります。


仕事を始めるとどうしても昔の友人とは疎遠になり、周りも次々に結婚を始め、
どこか世界に一人だけ取り残されているような、そんな感じをふと感じてしまう人も、
信頼のおける、心を許した関係の人間を作ることができます。







そんな彼女もいないし、どこか孤独感もあるし、休日に特にやりたいこともない社会人男性皆さん、
男二人旅、おすすめです。



ただ、チェックイン時には、「そっちの気はないですよ、あはは」とちゃんと言っておきましょう。
でないと、布団がきっちりぴったんこで横並びで用意されてしまうのがデフォルトです。


以上